オーストラリア・入国手続き

スペース
旅行情報.jp
バナー広告
旅行情報.jp > オーストラリア・基本情報 > オーストラリア・入国手続き
ご利用のご案内
オーストラリアの入国手続きの詳細情報。オーストラリアの国際線空港に到着した後の、入国審査・手続き、税関検査の手続きの流れをご紹介。オーストラリアの入国カード、税関申告書の記入例も。

オーストラリアの入国カードの書き方

オーストラリアへ航空機で向かう場合、機内でオーストラリアの入国カード(INCOMING PASSERNGER CARD)が配られる。その入国カードは、税関申告書も兼用となっている。日本からの直行便を利用した場合は、日本語の入国カードが配られるが、経由便の場合は、英語の入国カードしかないのが普通。下記は日本語のものだが、英語のものも、質問内容、順番などはまったく同じなので、下の日本語のものを参考に記入すればOK。

入国カード(日本語)表

入国カード(日本語)裏


①パスポートと同じ姓 
②パスポートと同じ名前 
③パスポート番号 
④搭乗便名
(カンタス=QF、JAL=JL、ジェットスター=JQなどの搭乗券に載っています) 
⑤滞在先ホテルの住所
(知人宅の場合はその住所等)※滞在先の住所はチェックしておくことをお勧めします!
⑥州
(ニューサウスウェールズ=NSW、クイーンズランド=QLD、ビクトリア=VIC、西オーストラリア=WA、南オーストラリア=SA、ノーザンテリトリー=NT、キャンベラ=ACT) 
⑦1年以上滞在予定の方ははいにチェック。そうじゃない方はいいえにチェック。
⑧ 質問事項に当てはまらない場合はいいえにチェックしましょう。
⑨パスポートと同じサイン
⑩記入日の日付
⑪質問事項に当てはまらない場合は全ていいえにチェックしましょう。
⑫滞在するホテル先の電話番号・住所・自分のE-mailアドレス
(知人宅の場合はその電話番号等を記入。)
⑬緊急連絡ができる相手の連絡先
⑭飛行機に搭乗した国。日本からの直行便ならJAPAN・経由なら経由した国を記入。
⑮職業の記入。
(例 学生:STUDENT・主婦:HOUSEWIFE・会社員:OFFICE WORKER/OFFICE CLERK/COMPANY EMPLOYEE・医者DOCTOR・技師:ENGINEER・自営業:PROPRIETOR・無職:NONE )
⑯パスポートに記載されている国籍を記入。国籍が日本ならJAPAN。
⑰パスポートに記載されている生年月日を記入。
⑱渡航目的に応じてチェック。
( 観光、ワーキングホリデーの場合はBにチェック。今わかってる大体の滞在期間を記入ご、自分の移住国と記入、目的にチェック。)


税関

オーストラリアの税関は厳しい!

オーストラリアは固有の動植物が多く生息しているため、食品、動植物の持ち込みを厳しく制限している。チェックの厳しさは、世界でもトップクラスの厳しさとも言え、万が一申告をせずに持ち込もうとした、あるいは入国カードの質問に虚偽の回答をしたことが発覚した場合、容赦なく罰金を払わされる。

「入国カードの質問に虚偽の回答」とは、たとえば「食品をオーストラリアに持ち込もうとしていますか?」の質問に、うっかりミカンを持っていたのに「いいえ」で印をつけてしまった場合、これも「虚偽の回答」と見なされ、うっかりで済まされずに罰金を払うことになる。

たとえば持ち込みができるはずの「ソース」を持っていた場合、禁止品目ではないが、ソース「食品」なので、「いいえ」に印をつけた場合は、やはり虚偽の申告にあたり、罰金の対象になり得る。

比較的軽微なものはA$220(22,000円ほど)で済むが、重大な違反の場合は、起訴された上A$60,000(約600万円)以上の罰金、10年以上の懲役などが科せられる可能性がある。

持ち込めるかどうか、申告が必要かどうかが不明な場合は、とりあえず申告をして、税関の職員にチェックしてもらおう。ちゃんと申告をして、結果持ち込み不可の場合、破棄を求められるか、送料本人負担で第三国に送り返す事を求められるが、罰金を科せられることはない。

オーストラリア入国時の免税範囲

オーストラリアに入国する際には、下記の範囲で免税となる。

■合計額900豪ドル以下(18歳未満の旅行者の場合は合計額450豪ドル以下)の物品(カメラ、電子機器、香水、皮革製品、宝飾品、腕時計、スポーツ用品など。ただしアルコール、タバコは含まない)
■アルコール飲料2.25リットルまで (18歳以上の旅行者)
■紙巻タバコ250本、または葉巻及び紙巻以外のタバコ製品であれば250gまで(18歳以上の旅行者)
■新品の衣料、履物、衛生・化粧用品など大部分の身の回り品。
■個人的な物品(12ヶ月以上所有し、本人が使用しているもの)

※注意
1. 贈答品 (所持者が贈り物として受け取った物か、これから他の人に贈る物かを問わず)は、900豪ドル(18歳未満の旅行者は450豪ドル)の免税限度額に含まれます。
2.同一家族構成員が一緒に旅行する場合には、各人の免税限度額を合算することができます。
3.パソコンの持ち込みに関しては、デスクトップ、ラップトップその他の類似の製品の場合に限り、検査官に日本に持ってかえる旨を告げると関税がかかりません。
4.上記はオーストラリア関税局のWEBサイトより一部抜粋、加筆をさせていただきました。

オーストラリアの税関で申告が必要なもの

カテゴリー 詳細
現金 オーストリアドルで10,000ドル以上、又はそれ相当の外貨
医薬品 市販品、処方箋とも全ての医薬品
食品 調理済及び生の食品と材料
乾燥及び生の魚や魚介類で、寿司及び魚卵を含む
乾燥及び保存果物。梅干し(販売用に製造され包装されたものであること)
乾燥及び保存野菜で、漬物や茸類を含む
インスタントヌードルを含む麺類やご飯類
生や乾燥した海藻、葉、その他の植物で巻かれた食品
ソース、ドレッシング、調味料
機内食を含むレトルト食品等の加工食品
ハーブとスパイス
漢方薬、伝統薬、治療薬、トニック、ハーブティー
スナック類
ビスケット、ケーキ、菓子類
紅茶、コーヒー、ミロやその他の乳性飲料
動物製品 羽、骨、角、牙(清潔で細胞組織が付着していないこと
皮、獣皮、毛皮(太鼓や楯を含め、生皮は処理が施されていない限りは持込み 禁止
羊毛や獣毛(原毛、紡ぎ糸、工芸品を含む
はく製の動物及び鳥類(一部の品種については絶滅危惧野生生物法により持込 みが禁止されている場合あり)
ジュエリーや土産品を含む貝殻類。サンゴ礁については絶滅危惧野生生物法に より持込み禁止
蜂蜜、ハニーコム、ローヤルゼリー、ビーワックス等の蜜蜂製品。ポレン(花粉)は持込み 禁止
獣医用器具や薬品、羊毛刈りや食肉処理用器具、サドルその他馬具、動物用カゴ、鳥カゴ等の動物関連用具で使用済の物
ペットフードやペット用おやつ。生皮でできた犬用咀嚼製品を含む。魚の餌は持込み禁止。
植物製品 塗料の塗ってある物や漆製品を含む木製品や彫り物(樹皮は持込 み禁止のため、没収ないしは処理を要します)
植物でできた芸術品、工芸品、骨董品
植物でできたマット、バッグ、その他製品、ヤシの葉でできた物 も含む(バナナの葉でできた製品は持込み禁止)
麦わらを用いた製品及び包装材
竹、籐、ラタンでできた籠や家具類
ポプリやココナッツの殻
種でできているか、種の入った物品
クリスマス用デコレーション、リース、装飾品(松ぼっくりは持込み禁止)
ドライフラワー
生花やレイ(バラ、カーネーション、菊等茎からも繁殖可能な花は持込み禁止)
その他 動物ないしは植物でできたクラフト類やホビー製品
使用済のスポーツ・キャンプ用具で、テント、自転車、ゴルフ用具、釣り具を含む
土、糞、植物の付着した履物・ハイキングブーツ

オーストラリアへ持ち込み禁止品

カテゴリー 詳細
卵と卵製品, 乳製品 卵そのもの、乾燥・顆粒状の卵、卵を用いた製品全てで、マヨネーズ、 親子丼、卵粥、中華丼、生のラーメンやエッグヌードル、乾燥卵入り麺、卵入りカップヌードル、卵入りご飯・スープ調味料類を含む
クリームまたはミルクを含んだソース類、スープ、食品等全ての乳製品 で、マカロニ、ムサカ、チャウダー、ヨーグルトドリンク、顆粒ココア ドリンク、カルピス、チーズスティック(ただし特定の口蹄疫未発生国 産のものは除く)
材料の10%以上が乳製品である食品で、乾燥食品を含む。
同伴乳児用の粉ミルクやニュージーランド産の乳製品は持込みが許可されている
缶詰め以外の肉製品 全ての種類の動物の肉 - 生、乾燥、冷凍、調理済、薫製、塩漬け、 保存肉でサラミ、ソーセージ、ラードを含む
鶏釜飯の素、麻婆豆腐(鶏肉)
チャーハンの素、魚肉ソーセージ(ラード)
肉入りの麺
中華三昧(ラード)
とろみハオ麺(豚肉エキス、ラード)
ペットフードは全て持込み禁止
生きた動物 一切の哺乳類、鳥類、鳥類の卵と巣、魚類、は虫類、両生類、昆虫
生きた植物 一切の鉢植え/根がむき出しの植物、盆栽、挿し木類、根、球根、球茎、根茎、茎、その 他成長能力のある植物やその一部
種子やナッツ類 小豆、大豆、赤豆等の未調理の豆・種子類
米、シリアル用穀物、ポップコーン、未加熱のナッツ類、栗、松ぼっ り、粒餌、正体不明の種子類、一部の販売用種子類、果物・野菜の種子
種子でできた装飾品(ギフト用包装に飾りとして使われる物等)
生の果物や野菜 リンゴ、バナナ、柑橘類、核果類等、全ての生及び冷凍の果物・野菜

上記は、オーストラリア関税局、及びオーストラリア農林水産業局のWEBサイトより、抜粋、加筆させていただきました。更に詳しい情報は、それぞれのWEBサイトをご覧ください。


オーストラリア入国手続きの流れ

STEP 1 
飛行機が到着したら、表示(IMMIGRATION、PASSPORT CONTROL等)に従い、入国審査場へ。機内で入国カードをもらい忘れた場合は、入国審査場にもカードがおいてあるので、記入を済ませること。

STEP 2
入国審査場では、オーストラリアのパスポート所持者と、その他のパスポート所持者にカウンターが別れているので注意。入国審査場では、携帯電話、カメラの使用は禁止されているので注意。

STEP 3
荷物受け取り場に向かい、荷物を預けている場合は、ターンテーブルに自分の荷物が出てくるのを待つ。荷物を預けていない場合は、そのまま税関検査へ。

STEP 4
カウンターでは、パスポート、記入済み入国カードを提示する。家族であれば、家族分まとめて審査を受けてもかまわない。短期の旅行者の場合、まず何か質問されることはない。問題がなければ、パスポートにスタンプを押し、パスポートとともに入国カードも返してくれます。

STEP 5
基本的に申告するものがない人は緑のカウンター、申告するものがある場合は、赤のカウンターへ進む。しかしながら、シドニー空港のように、「基本全員検査」体制になっているところは、緑も赤の区別もほぼ無くなっている。とりあえず税関検査入り口の所にいる係員に入国カード(兼税関申告書)を見せるれば、係員が並ぶべき列を指示する。申告がない場合でも、荷物X線検査の列に並べさせられる。極希に、ノーチェックで出れることもああるが、ほぼ100%近くこの荷物のX線検査はするので、正直に申告すること。

STEP 6
申告するものがなく、X線に通した結果問題なければ、出口へむかうことができる。問題があった場合、申告するものがある場合は、カウンターに荷物を載せ、カバンを開けて、申告すべきものを係員に提示する。通関できないものはその場で破棄、持ち込みに税金がかかるものは、税金の支払いを済ませる。

STEP 7
税関を抜けると到着ロビーに出る。パッケージツアーの場合は、ここで現地のガイドが名前、又はツアー名のボードを持って待っている。個人旅行の場合は、空港内の案内表示に従って、タクシー、バス乗り場などへ。

入国手続きの口コミ情報
投稿者:taka
口コミタイトル:タバコの持ち込み制限が変更
旅行時期:01/2013
タバコの持ち込み制限が、一人50本までに変更になっています。喫煙者には厳しすぎる変更ですね。非喫煙者と同行しなければ厳しい?
投稿日:2013年3月24日
投稿者:ごーたつ
口コミタイトル:こればっかりは運
旅行時期:01/2008
こちらに居住している者です。今までにいくつかの空港から入国していますがどこも税関で長蛇の列を見ます。それから所持品を正直に申告せずに注意されている人を良く見かけます。英語が分からなかったから入国カードの意味も分からなかった・・・という言い訳は通用しないのでご注意を。逆に
申告しちゃったほうがX線を通さず口頭で申告して終わりって事もあるので少しでも怪しい物があるなら申告した方がいいですよ。
投稿日:2008年12月30日
投稿者:ボボブラジル
口コミタイトル:税関なんとかしろ!
旅行時期:11/2008
先週シドニーから戻りました。ちょっといただけないのが、シドニー空港の荷物を受け取ってからの税関。朝到着すると、同じような時間帯で一斉に飛行機が到着するのか、税関がすごい込みよう。無申告なので、フリーパスと思いきや、全員検査をしていた。
そのため、税関は長い列、おまけにラインをちゃんと作っていないため、その税関に入る入り口の列が、しっちゃかめっちゃか。到着早々、ストレスでした。改善してほしいですね。オーストラリアの他の空港もこんな感じなんでしょうか。
投稿日:2008年11月13日
投稿者:カメ太郎
口コミタイトル:タバコ没収されました・・・
旅行時期:03/2008
オーストラリアはタバコ200本(1カートン)なのですが、タバコが激高いと聞いていましたので、元々持っていたカートン買いのタバコの一部5箱くらいと、成田で1カートン買って入国、申告しなかったら、見つかってしまいました!
で罰金を払うか、破棄するかの選択を税関で迫られ、泣く泣く破棄を選択。皆さん、ちゃんと申告、あるいは免税枠内しか持ち込まないようにしましょう。
破棄するタバコは、超過した5箱ではなく、まるごと、全て破棄です。
投稿日:2008年11月5日