オーストラリア・モデルコース

スペース
旅行情報.jp
バナー広告
旅行情報.jp > オーストラリア・基本情報 > オーストラリア・モデルコース
ご利用のご案内
オーストラリア旅行を計画するにあたり、モデルコースをいつかご紹介します。オーストラリア在住者のお勧め、オーストラリア旅行モデルコースはこちらです!

旅行情報.jp お勧めオーストラリア観光コース

オーストラリアは日本の国土の約21倍、とてつもなく広い。中・長期の滞在で日数が十分にない場合の都市間移動は、国内線の飛行機を利用した方が無難だ。以前は長距離バスの方が圧倒的に安かったが、最近の格安航空会社の参入により、路線によっては航空機利用の方が安く、高いところでもそれほどの料金差はなくなってきた。

ケアンズや、パースゴールドコーストなどでは、1都市滞在のツアー、行程の人も多いが、エアーズロックシドニーメルボルンなどは、他の都市とコンビネーションでまわる人の方が多くなる。

ここに紹介するのは、比較的パッケージツアーなどで多く採用されている、ポピュラーな周り方をご紹介する。勿論、人により好み、可能な日数、予算などで十人十色、この旅行情報.jpを利用して、徹底的にこだわってベストな行程を考えてみよう!

ゴールドコースト・シドニー
オーストラリアが初めてで、あまり長い期間お休みの取れない人へお勧め!
1日目 さあ、憧れのオーストラリアへGO!通常オーストラリアへのフライトは、夜出発の機中泊となります。
宿泊:機中泊
2日目 早朝ブリスベン空港到着。心配だった、入国審査と税関検査も問題なくパス。今回はパッケージツアーなので、空港にガイドさんが出迎えてくれる。やはりパッケージツアーは、この安心感の価値はある。まずは空港から、ブリスベン市内を簡単に車窓観光、そして定番のロンパイン・コアラ保護区へ。そしてこれまた定番の、コアラを抱っこしての記念撮影!園内でランチの後、いよいよ、ゴールドコースト、サーファーズパラダイスへ。今回のホテルは、ウォーターマークホテル。館内は新しく、フロントには日本人の方もいて安心。
夕食はナチュラルブリッジの土ボタル鑑賞ツアーへ。正直あまり期待していなかったけど、良い意味でまったく予想が外れました!想像以上に美しい光景でした!
宿泊: ゴールドコースト
3日目 朝食はホテルのレストランでバイキング。
今日はタンガルーマ野生のイルカ餌付ツアーに出発。ちょっとお値段のはるツアーだが、昼食のほか、モートン島での夕食も料金に含まれている。ブリスベン方面へ戻り、船でモートン島へ。モートン島内のリゾートホテル、タンガルーマリゾートでランチと、オプショナルの4WD車のアドベンシャーツアー等のアクティビティを楽しむ。特に想像を絶するスピードで滑り降りる、サンドボーディングは圧巻。
夕刻リゾートの目の前のビーチで、野生のイルカの餌付け体験。魚を手渡しでイルカへ!夕食をリゾートで済ませ、バスに乗ってゴールドコーストへ。
宿泊: ゴールドコースト
4日目 今日は早朝出発でブリスベン空港へ。空路次の都市、シドニーへ。
シドニー空港に到着後、同じくガイドさんの出迎えを受けて、シドニー市内へ。キングスクロス、ミセスマッコーリーズポイント、オペラハウス、ロックスなどを観光後、ホテルへ。シドニーのホテルは、フォーポインツバイシェラトン・シドニー。シェラトン系列のホテルらしく、ダーリンハーバーにあって、どこへ行くのにも便利。
今日はホテルから歩いていける、シドニータワーのバイキングへ。手ごろな料金のバイキングで雰囲気はカジュアル。内容的にはいまいちだが、夜景は最高でした。
宿泊: シドニー
5日目
今日はホテル近くのダーリンハーバーにあるカフェで朝食。
今日はブルーマウンテンの半日観光へ参加する。本当はブルーマウンテンの1日観光にしたかったのだが、そうなると、ショッピングをする時間が無くなってしまうので、半日観光にした。エコーポイント、シーニックワールドなど、ブルーマウンテンの主な見所を、ちょっと忙しく、駆け足でまわる。
昼過ぎにはシドニー市内のDFSで解散、ついでに免税品を買い物し、ロックス、サーキュラーキー近辺をショッピングしながら、ブラブラとする。
夕刻、ショーボート・ディナークルーズに参加する。今回は送迎なしのものにした。船乗り場のキングストリートワーフは、ホテルから徒歩5分。インターネットで事前に手配を現地旅行会社に頼んでいたので、乗船はそのツアー参加券を渡すだけで簡単。すばらしい、食事、ショー、そして夜景を楽しむ。
クルーズ終了後、10時過ぎになるが、シドニー市内は治安に問題なさそうで、不安にもならずに徒歩でホテルへ戻る。
宿泊: シドニー
6日目 ホテルで朝食を済ませ、チェックアウトを行い、ガイドさんが来るのを待つ。
時間ぴったりにガイドさん登場、シドニー空港へ約30分。空港ではチェックイン手続きも済ませてくれ、出国審査を済ませて、TRS税金の払い戻しカウンターへ。500ドルの買い物をしていたので、$45も税金が戻ってくる、ラッキー!
オーストラリアでの楽しかった思い出を胸に、空路成田空港へ向かった。

地図
ゴールドコースト
タンガルーマ

ケアンズ・エアーズロック・シドニー
時間があれば、是非お勧めなのが、この「ケアンズ・エアーズロック・シドニー」を周るコース!
1日目 さあ、憧れのオーストラリアへGO!通常オーストラリアへのフライトは、夜出発の機中泊となります。
宿泊:機中泊
2日目

ケアンズ空港へ早朝到着。とりあえずタクシーでホテルへ向かい、荷物をホテルへ預ける。
インターネットで事前に手配していた、グリーン島とアウターリーフのツアーへ。透明度あふれる海とカラフルなさんご礁と魚をシュノーケリングで堪能。ナポレオンフィッシュも見れた!やはり、グリーン島だけでなく、アウターリーフまで来て良かったと思う。
夕刻ケアンズへ戻り、ホテルへ。泊まりはちょっと奮発して、ケアンズ・インターナショナル・ホテル
夕食はホテル内の評判のシーフードバイキング、カフェココへ。
宿泊: ケアンズ

3日目

朝食はホテル近くのカフェでオージーブレックファースト。ボリューム満点。
今日はキュランダの一日観光へ。行きはスカイレールで、帰路はキュランダ鉄道乗車のパターンで日本語ガイド付き。キュランダ村でガイドさんお勧めの名物アイスクリームを味わう。そしてうわさのマジックハンドでお肌ツヤツヤ!
夕刻より、ジャプカイ・アボリジニナイト・ショーのツアーへ。意外とおいしいバイキングの夕食と、飽きることのなかった、アボリジニショーを堪能。
宿泊: ケアンズ

4日目 今日はホテルのレストランで朝食。日本食もあり、味噌汁と漬物ではり日本人だと実感。
チェックアウトを済ませ、タクシーでケアンズ空港へ移動し、空路エアーズロックへ。
エアーズロックでは日本語ガイドさんのつく、ディスカバリーツアーを手配済み。日本語のツアーで、国立公園入園料も入って、この値段は安い!
エアーズロック空港で出迎えてもらい、ホテルへ移動。チェックイン手続きまでしてくれて、至れりつくせり。
今回のホテルは、リゾートの中でも一番新しい、ロストキャメル。ブティック風のホテルでバスタブが無いが、スタイリッシュな感じで気に入った!
再集合の時間を聞き、ホテル近くのショッピングセンターのカフェでランチ。午後から、いよいよ、エアーズロックの周辺観光と、マウントオルガ観光とエアーズロックのサンセットへ!エアーズロックが夕陽に照らされ、刻々と色を変えていく姿に感動!
夕食は、リゾートのシャトルバスを利用して、アウトバックパイオニアホテルのBBQレストランへ。カウンターで自分の好みの肉を選び、自分でBBQを焼く!値段も手ごろで、オージースタイルのBBQに満足!
宿泊: エアーズロック
5日目
早朝に起きてエアーズロックのサンライズ鑑賞と登山へ!夕陽よりも更に赤く輝くエアーズロック、言葉を失う。
その後登山口へ移動し、約2.5時間かけて登山に挑戦!思わず笑ってしまうほどの急斜面、半端じゃない。鎖につかまりながら、何とか急斜面をクリア、だけどそこから先がながかった!足がガクガクになりながらもエアーズロックの山頂へ!形容できないほどの絶景に再度感動の嵐が襲う。
エアーズロック登山の後は、ホテルへ戻り、一休み。思わず熟睡してしまう。
夕刻ホテル主催のディナーツアー、サウンドオブサイレンスディナーへ。あまりに人気のツアーのため、事前に、しかもかなり早い時期に予約をしておかないと、満席で参加できないそうだ。砂漠の特設ディナー会場で、テーブルクロスをひいたテーブルで、暮れ行く景色を眺めながらの夕食は、忘れられない一生の思い出。食後に満点の星空の下、詩の朗読があって、更に雰囲気が盛りあがる。
ちなみに、このサウンドオブサイレンスディナーは、エアーズロックの2泊しないと、エアーズロックのサンセット鑑賞をやめる以外は、参加できないので注意。是非エアーズロックでは2泊したい。
宿泊: エアーズロック
6日目 お昼の出発のフライトになるので、今日は遅めの朝食。プールで軽く一泳ぎの後、ガイドさんが迎えに来てくれ、エアーズロック空港へ。空路シドニーへ向かう。
シドニー空港には夕刻到着し、タクシーでホテルへ向かう。シドニーのホテルは、スイスホテル・シドニーで、あのシンガポールのラッフルズホテル系列。シドニータワーの隣の抜群のロケーション。
夕食はダーリンハーバーまで歩き、ニックス・シーフードレストランのシーフードプラッター!ロブスター、生カキ、海老などを堪能。
宿泊: シドニー
7日目 朝食はホテルのレストランで済ませ、インターネットで抜群の評判の、4WDブルーマウンテンと土ボタルツアーへ。通常のブルーマウンテンのツアーより若干割高だが、あまりに評判が口コミで良いので、参加してみた。少人数制のツアーとのことだが、当日は私たち2人だけでラッキー!
途中野生のカンガルーがいっぱいいる所でモーニングティー、その後未舗装の道路を通過して、土ボタルの生息するトンネルへ!トンネル内に幻想的に光る土ボタル、その美しい光景に思わずウットリ。時間を忘れて見とれてしまった・・・
その後定番のブルーマウンテン観光スポット、スリーシスターズやトロッコ列車を楽しみ、シドニー市内へ。ガイドさんのすばらしいガイドぶりに、大満足の一日となった。
夕食はキャプテンクック・ディナークルーズへ。ツアーではなく、船の乗船&ディナーだけの送迎なしを選択、乗り場のキングストリートワーフまで歩いていく。シドニーのすばらしい夜景と、おいしい食事を堪能する。
宿泊: シドニー
8日目 さあ、今日はもうオーストラリア最終日。ホテルから徒歩15分程度のチャイナタウンへ行き、朝からやっている庶民的なレストランで、おかゆの朝食。これがうまい!
一度ホテルへ戻り、チェックアウト、荷物を預ける。今日はツアーでなく、自分たちでシドニー市内を歩き、ショッピングを楽しむ予定。
まず隣のシドニータワーへ。展望台からの眺めと、バーチャルマシーン、OZトレックを楽しむ。その後徒歩でミセスマッコーリーズポイント、オペラハウスサーキュラーキー、ロックスなどをまわる。オペラハウスでは、日本語のスポットライトツアーに参加、舞台裏なども見学できた。ロックスで土産物をみてまわり、DFSで免税品のお買い物、その後フィッシュマーケットへ。フィッシュマーケットでは、新鮮なカキと魚のグリルを味わう!さすがにマーケット、安くて新鮮、うまい!
そしてダーリンハーバーへ移動し、シドニー・ワイルドライフ・ワールドへ。コアラ、ウォンバット、ワラビーなど、可愛い動物がいっぱい!大満足のシドニーの一日。
ホテルへ戻り、荷物を受け取り、タクシーでシドニー空港へ。チェックインを済ませ、出国手続きを終えて機上へ。楽しかった・・・・
宿泊: 機中泊
9日目 機上ではあまりに充実した8日間だったので、思いっきり爆睡!あっという間に成田空港へ。
さあ、今度海外へ行くときは、どこへ行こう!
地図
グレートバリアリーフ
エアーズロック
エアーズロック

西オーストラリア・パース
パースは西海岸にあるので、比較的、他の都市との周遊より、パースだけのモノシティ・コースとして、訪れる人が多い。
1日目 夜、オーストラリア西海岸、西オーストラリアの州都パースへ。
宿泊: 機中泊
2日目

パース空港に早朝到着後、入国審査を済ませ、タクシーにてホテルへ向かう。ホテルはスタンダードホテル、パースアンバサダーホテル、アーリーチェックインの手配をしてあったので、直ぐに部屋に入れる。
ホテルの部屋で一眠りの後、パース市内を無料で巡回する通称「ネコバス」で観光へ。キングスパーク、ロンドンコート、ノースブリッジ等をまわる。
夕食はキングスパークの地中海料理の名店、奮発してフレーザーズへ。噂どおりのすばらしいレストラン、オーストラリアでの1日目の夕食を飾る。
宿泊: パース

3日目 ホテルのチェックアウトを済ませて、今日より英語ガイドによる、4日間のツアー、モンキーマイヤ、カリバリ、ピナクルズツアーへ参加する。いろいろな国籍の人が参加し、日本人は今回我々だけ。英語にそんなに自信がないが、「旅」、そして「楽しむ」という同じ目的を持った者同士、あっという間に仲良くなれる。
初日はまずハイライトの、別名荒野の墓標とも呼ばれる、ピナクルズへ。期待していた通りのすばらしい、光景、途中季節もちょうどワイルドフラワーの季節だったので、原野に一面に咲く、ワイルドフラワーの景色も楽しめる。
宿泊: カルバリー
4日目 ツアーに含まれる朝食を済ませ、マーチソン渓谷、ループネーチャーズウィンドーベンド渓谷などを経由して、シャークベイへ。
宿泊: デナム
5日目
いよいよ、このツアーの2番目のハイライト、モンキーマイアへ。このモンキーマイアは、野生のイルカがビーチに寄ってくることで有名。モンキーマイアリゾートの目の前のビーチで、イルカとのふれあいを楽しむ。思った以上のたくさんのイルカに大感激!
その後、真っ白な砂浜、正確には砂浜ではなく、白い小さな貝殻が堆積したビーチ、シェルビーチを訪れる。日本では絶対に見れない光景に、ただ言葉を失う。
宿泊: ノースハンプトン
6日目

ハットリバー王国、グリーンノスワイルドパークを経由してパースへこの日は戻る。
パースへは夜到着。今回この英語のモンキーマイヤ、カリバリ、ピナクルズツアーに参加して、普通のパッケージツアーでは、絶対に体験できないことを体験できた。他の参加メンバーとメールアドレスを交換、外国人の友達が一気に増えた!
ホテルは今回、少々奮発して、ダクストンホテル・パースへ。
宿泊: パース

7日目

今日はフリーマントル沖合いにある、ロットスト島クルーズへ行く。ダクストンホテルから、スワン川の桟橋まで、徒歩15分程度。スワン川を船は下り、フリーマントルを通過、インド洋に出てロットネスト島へ。ロットネスト島では、島内観光バスに乗車して1周する。途中、島に生息するクォッカにも出会え、予想以上に美しい海と白い砂浜にうっとり。夕刻再びクルーズ船に乗り、パースへ戻る。
パース市内で食事を軽く済ませ、パース空港へ。出国審査を済ませ、飛行機に搭乗、空路日本へ。

8日目 機上ではあまりに充実した8日間だったので、思いっきり爆睡!あっという間に成田空港へ。
さあ、今度海外へ行くときは、どこへ行こう!

地図
パース
ピナクルズ
シェルビーチ

モデルコースの口コミ情報
まだ口コミ情報は存在しません。是非口コミ情報を投函してください!!