オーストラリア・治安・衛生

スペース
旅行情報.jp
バナー広告
旅行情報.jp > オーストラリア・基本情報 > オーストラリア・治安・衛生
ご利用のご案内
オーストラリアの治安状況は、オーストラリアは比較的安全と言われているが、日本とは違うのでやはり注意は必要。オーストラリア旅行をするにあたって、注意すべき事項など。

オーストラリアの治安

オーストラリアは比較的安全とは言えるが、それでも日本と比較すれば、明らかに犯罪発生率は、オーストラリアの方が高い。刑法の違いなどで単純な比較はできないが、日本とオーストラリアの犯罪発生率を、目安として比較した場合、強盗は日本の16.5倍、侵入盗は6.8倍、性的犯罪は9.3倍にも達している。殺人などの凶悪犯罪は、比較的欧米先進国の中では高くなく、日本の1.3倍だが、強盗、侵入盗、性的犯罪は、明らかに日本より高い確率で発生している。

日本人旅行者が巻き込まれる犯罪は、比較的軽微な「スリ」「引ったくり」「詐欺」に合う場合が多く、殺人などの凶悪事件に巻き込まれるのは極稀といえる。シドニーの中心部、特に観光客の集まるシドニータワーのエレベーター内などでは、スリが多発しているので注意。また、シドニーのロックス、サーキュラーキーでは、偽警官を語り、「身分を確認するからクレジットカードを出してくれ」と偽り、そのカードを機械に通して番号などをスキミングする詐欺も登場した。

オーストラリアに限ったことではないが、観光客は常に一般住民よりスリ、引ったくりに狙われていることを認識する必要がある。なぜなら、多額の現金を持ち歩いている可能性が高いため、そして言葉の壁から警察などに届けをしない可能性も高いため、この2点を指摘することができる。特に1番目の現金だが、オーストラリアに住んでいる人は、財布の中に100ドルも入っていない人が多い。必要な時にATMから降ろす、あるいは50ドルを超えるものを買うときはカードを使う、が徹底されているからだ。一方、観光客、特に海外からの観光客は、その地の物価を把握していないため、多めに厳禁を持ちたがる、当地で使えるATMがない、習慣としてあまりカードを利用しない、などが予想され、現地住人より多額の現金を持っている確率が高くなる。

これらを踏まえた上で、必要な分だけの現金だけを持ち、パスポートなどはホテルのセーフティボックスへ預け、万が一被害にあった場合でも、そのダメージを最小限にとどめる努力が必要だ。

さくまで目安に過ぎないが、各都市でも比較的「治安が良くない地域」が存在する。それらの地域に、できれば足を踏み入れない方が、旅行者にとって得策だ。

シドニー・・・レッドファーン、キングスクロス、カブラマタ、ダーリンハーストの裏通り
パース・・・夜間のパース駅周辺、ノースブリッジの裏通り
ブリスベン・・・フォーティチュードバリー、ウエストエンドのバンダリーストリートから外れた地区
ゴールドコースト・・・ラブラドール、ウェラン(サーファーズパラダイス・ペニンシュラDR以西)


治安・衛生 の口コミ情報
投稿者:宮沢
口コミタイトル:あまり心配することはないのでは?
旅行時期:06/2008
シドニーとゴールドコーストへ行きましたが、特に不安もなく、安心して街歩きができました。友人がケアンズでワーホリしていますが、ケアンズは、あたまにいるアボリジニの方達は、ちょっと怖いそうです。
投稿日:2008年11月5日