マウントオルガ

スペース
旅行情報.jp
バナー広告

マウントオルガ

マウントオルガ
エアーズロックと並んでマウントオルガも必見のポイント!
エアーズロックを観光で訪れた際には、このマウントオルガ(カタジュタ)も必見のポイントとなる。マウントオルガは、エアーズロックから西に約30キロ、エアーズロック・リゾートから、約50キロの位置する。

エアーズロックのウルルと同様、以前はマウントオルガと呼ばれたが、1995年にアボリジニの正式な呼び方、カタジュタに名前が改められている。
マウントオルガは、エアーズロックと同じ、「ウルル・カタジュタ国立公園」の中にあり、マウントオルガへ行くには、3日間有効の国立公園入園券を購入する必要があり、大人・子供同額の1人$25になる。これは、名前の通り、エアーズロックとマウントオルガとの共通入園券となっている。

マウントオルガの「オルガ」は、ドイツの王妃の名前から取られた。マウントオルガの正式名称、「カタジュタ」とは、アボリジニの言葉で「沢山の頭」という意味。マウントオルガは36個の丸い岩のドームからなり、高いものは460メートルの高さとなる。

マウントオルガには2つの散策路があり、ワルパ散策路(WALPA GORGE)と、風の谷散策路(VALLEY OF WIND)の2つがある。そのうち風の谷散策路は、「風の谷のナウシカ」のモデルになったと一般的に言われているが、公式にはスタジオジブリによって否定されている。しかしながら、風の谷で見ることのできる風景は、確かにアニメで見る地形に似ており、名称も一致する。後は実際に自分の目で判断してみてはどうだろうか。風の谷には第一展望台と第二展望台の2つがあり、第二展望台へ行くには、2-3時間かかる。エアーズロック同様、気温が36度を超えると、この散策路は閉鎖される。

ツアーに参加する場合、ツアーによって、このワルパ散策路に行くか、あるいは風の谷散策路に行くか、風の谷散策路の場合でも第一展望台までしか行く時間がないか、あるいは第二展望台までいける時間があるかの確認が必要だ。



観光スポット名 マウントオルガ
英語名 MT OLGAS (KATA TJUTA)
都市 /エリア エアーズロック/エアーズロック
種別 自然
住所 ULURU KATA TJUTA NATIONAL PARK HEADQUARTERS NT 0872
電話番号 08-8956-1128
FAX 08-8956-2360
料金 ウルル・カタジュタ国立公園入園料$25(3日間有効)
アクセス エアーズロック・リゾートより車で45分
お勧め度 必ず行くべし!(必ず行くべし!)
口コミ評価 口コミ平均: (できるだけ行ってください!)

ワルパ散策路
ワルパ散策路
風の谷散策路
風の谷散策路
夕焼けのマウントオルガ
夕焼けのマウントオルガ
マウントオルガを遠くから
マウントオルガを遠くから
マウントオルガへの道
マウントオルガへの道
夕陽を浴びるマウントオルガ
夕陽を浴びるマウントオルガ
マウントオルガを近くから
マウントオルガを近くから

写真はイメージで実際とは異なる場合もございます。



マウントオルガに関連するオプショナルツアー一覧


エアーズロック出発のツアー


マウントオルガに関する記事一覧

2日目 マウントオルガ、エアーズロックへ!(2008年11月10日)


マウントオルガの口コミ情報
投稿者:ともぞう
口コミタイトル:やっぱり某アニメの舞台でしょう
旅行時期:09/2008
アドベンチャーツアーのキャンプツアーでいきました。このツアーでは、風の谷へ行くのですが、時間も約3時間と、散策には十分な時間。第2展望台まで行くことができました。そこの景色は、やっぱりアニメに似ている!作者は否定している、とのことですが、何かしらのインスピレーションを、ここから受けたのは間違いないと思いました。
評価: (満足できました! )
投稿日:2008年11月13日
投稿者:高橋
口コミタイトル:マウントオルガも最高!
旅行時期:07/2008
エアーズロックとともに、マウントオルガにも行きました。マウントオルガも最高です!
評価: (最高でした! )
投稿日:2008年11月6日
マウントオルガを遠くに

マウントオルガを遠くに
良い感じで撮れました

良い感じで撮れました
投稿者:はまちゃん
口コミタイトル:意外といいぞ!マウントオルガ
旅行時期:01/2008
エアーズロックの影に隠れ、なんとなくおまけのような扱いを受けてしまう、マウントオルガ。だけど、自分は以外と良いなと思いました。今回言ったのは、風の谷でなく、ワルパ散策路の方。行った時間がちょうど人が少ない時間帯だったのか、ゆっくりと静かなマウントオルガを楽しめました。
評価: (最高でした! )
投稿日:2008年11月3日
投稿者:tamu
口コミタイトル:ウルルと同様、しっかり主役
旅行時期:10/2008
ウルルが有名だけれど、カタジュタもその悠々たる出で立ちに感動しました。風の谷登山は気温によって閉鎖の可能性があると言われていましたが、曇りの日でどうにか開山。第1展望台、第2に展望台とそれぞれ風が吹いていて気持ちよかった!
ただし、水はしっかりペットボトルの水をタップリと持っていくのをお勧めします!途中で飲み水用の水タンクがあったのだけれど、まずくて飲めなかった・・・
評価: (満足できました! )
投稿日:2008年10月8日
第2展望台

第2展望台
水をこまめに摂取しよう

水をこまめに摂取しよう