お勧め!ケアンズ情報

スペース
旅行情報.jp
バナー広告
旅行情報トップ > オーストラリア >お勧め!ケアンズ情報
ご利用のご案内

ケアンズ・お勧め情報!

ケアンズ旅のガイド
ポンツーン原田の写真 ポンツーン原田
ケアンズに住み着いて早8年、シドニーに住んでいた期間も入れれば、通算10年間オーストラリアへ来てから過ぎました。やっぱりここケアンズが最高です!
ワイン屋

ケアンズからの日帰りドライブコースを全制覇するのは大変です。それほどケアンズの郊外には見所が多いということです。そんな数あるドライブスポットの中で、ローカルでもなかなか訪れる機会が少ない場所がチラゴーです。ケアンズからキュランダやマリーバを経て、内陸に進むこと250km、そこはもうアウトバックの入り口です。チラゴーへの道中では、ロードトレインが砂埃を巻き上げてすれ違うオフロードを通過したり、のんびりと自由に暮らす牛の群れが道路を塞いでいたり、一番大きなカンガルーであるレッドカンガルーに出会ったり、まさに大自然のオーストラリアを経験します。そして、チラゴーの見所は、バランシングロックという名の奇岩、点在する鍾乳洞、赤茶けたアウトバックの大地、異様な雰囲気を漂わす溶鉱炉跡、どれもケアンズからの日帰りコースの範囲内とは思えないものばかりです。チラゴーからの帰路では、カフェテリア「スカイバリーコーヒーファーム」に寄るのがオススメです。マリーバの街の入り口にあるこのコーヒーファームでは、抜群の眺めのテラスで美味しいコーヒーをいただけます。ドライブの疲れも吹っ飛ぶリラクゼーションポイント。知られざる秘境チラゴー、是非一度、訪れてみてください。 ・・・

豪雨の巻
2009年1月18日
先週の1月11日と12日はケアンズでは稀にみる集中豪雨に見舞われました。11日朝からかなり激しい雨が断続的に降り続き、12日の月曜日には駄目押しとも思われる、ゲリラ豪雨となりケアンズ市内はもちろん、ケアンズの郊外も大変な事になってしまいました。道路は水没するし、小さな川は氾濫し、いたるところで道路が冠水しまいかなり交通機関に影響がありました。もちろん、海のツアーは殆ど中止・陸のツアーもほぼ100%近く中止になってしまい、旅行に来られてた方は本当に残念なケアンズ滞在になってしまいました。ここ最近はまた、晴天とは行かないですが天候も落ち着いてきております。2月から本格的な雨季シーズンになりますが、今年はどうなるのかちょっと心配です。もちろん、雨季だからと言って毎日雨が降るわけではありませんので、是非ケアンズに遊びに来てください!! ・・・

2009年が始りましたね!!ケアンズの新しい年の幕開けのイベント、カウントダウンの花火を見て来ました。大晦日の朝は大雨でどうなるかと思いましたが、午後からは天気も回復して晴れ間も見えてきましたが、夕方になると・・・・また雨が降り出す、典型的なケアンズの夏の天気でした。運良く雨も上がり、30分前に会場のエスプラネードに行ってみると、意外と人が集まってきている所でした。そしていきなりの花火スタートと同時に周りのオージーは叫び始め、遂にHAPPY NEW YEAR。規模はやはりケアンズ?といった花火ですが、流石まじかでみると音と同時になにか体内まで響く爆発音には感動!!今年も色々なお勧め記事をケアンズから生の情報をお届けいたします!! ・・・

ケアンズの忘れてはいけない年に一度の一大イベントそれが珊瑚の産卵(CORAL SPWNING)!!旅ガイドポンツーン原田突撃取材して来ました。  さてそれでは少し基本的な説明から始めましょう。まず珊瑚は生き物なのか?というところから疑問がある方も居るかも知れませんね、はい!!生き物です、そして卵を生みます。実はカラフルな岩じゃないんですよ。 年に一度水温が25度以上になり、満月の3ー4日後に産卵を始めるため、この世紀のイベントを見るため世界中からダイバー、海洋学者などがこの街に集まります。 当日17日は風速5ノット、水温は27度そして波はほぼなしの絶好のコンディションでした。 ポンツーン原田過去に何度もチャレンジしてましたが今までツキに見放されたのか、日頃の行いか.....今度は4年目のチャレンジ!否がおうにも緊張は高まります。  一度目のダイビングは残念がなら珊瑚は産卵していなかったが、眠っている青ブダイ、エビ、蟹など昼間は姿を殆ど見ることのできない生物達を数多く見ることができました。しかしチームメンバー言葉数は少々少なめ、期待するのは産卵している珊瑚!! テンションが上がらないものの、腹が減っては戦は出来んと、気を取り直して食事を始めました。 そして他愛の無い話をしながら食事をしている最中に船の後方から叫び声が!!! 海の表面にまるでばら撒いたかの様に小さな小さな卵が一面に浮かんできたのです。皆食事はそっちのけに大慌てで準備を始め、我先にと潜り始めました。海へ入ると一面まるで一本目のときとは別世界で見渡す限りの一面が珊瑚の卵で覆われていました。ナイトダイビングなのでライトを持ってます、ライトの光の筋に沿って幻想的なピンク色の粒粒が映る姿は本当にこの世のものとは思えないほどの綺麗さです。 近くに寄ってみると、珊瑚の先端からは珊瑚の触手から小さな小さな卵が出てくる様子がはっきりと見ることが出来ました。 水中ですので聞こえなかったですがポンツーン原田水中で大騒ぎしてましたよ。  そういえば余談ですが、チームの1人は海に大量にタラコをばら撒いたみたいといってましたね(笑)たしかにそう見えなくも無いけどね。  今回チームが確認できたのは枝珊瑚と脳珊瑚が産卵している様子でした、そこで知り合った海洋学者が言うには翌日以降はテーブル珊瑚などの産卵が始るだろうとの事でした。 さすが学者さんですね、彼は普段は南極の海の生き物調査が仕事なのだそうですがわざわざ今回は産卵に合わせてオーストラリアへ来たそうです。 皆さんも機会がありましたら是非、是非この時期にケアンズに居る方はいろんなダイビング会社にて産後の産卵を見るクルーズが催行されてますので参加してみて下さい。たしかに様々な条件が重ならないと見れないものですが(事実ガイドも4年かかりましたしね)見れたときの感動は何にも替えられない感動がありますよ。一生の思い出に残ること間違い無しです。     ・・・

さーて、ケアンズといえやっぱりグレートバリアリーフ!! 世界最大の珊瑚礁として世界遺産にも登録されるオーストラリアの目玉の一つ。 休みを利用して久し振りにひと潜りしてきたのでその様子を皆さんにも紹介しますね。 今のシーズンは乾季の終わり、水温は27度、気温は暑い!まさにダイビングベストシーズン。 ガイドポンツーン原田は超寒がり、水温が25度以下では潜らない主義を持つ由緒正しいグレートバリアリーフの申し子です。そんな自分でも年中潜れるここはまさに天国! 皆さんも是非お試しあれ!気分は超景色の綺麗な温泉感覚。 さて今日のダイビングはノーマンリーフと言う日帰りではまずまずメジャーなスポットでの2本のダイビング。 最近はこの時期には珍しいほどの風の強さから、少々船は揺れてましたが船内では酔いどめまで完備されてるので準備は万端。 久し振りのダイビングなので多少の緊張もありながら、ダイビング仲間としっかり打ち合わせもして、ギアのセッティング終了!!そして海にジャンプ! まず海に入ると迎えてくれたのはGT(ジャイアントトレバリー)アジの一種かな?釣り人には憧れの魚ですよ。 目指すポイントのボミーまでいくとそこはまるで別世界。 全く荒らされていない大小さまざまな珊瑚礁、ニモの映画で一躍世界中に有名となったカクレクマノミ、グレートバリアリーフの顔ともいえるナポレオンフィッシュ、青ウミガメもいましたね、最後に帰り際は数匹のバラクーダ(鬼かます)と一帯を埋め尽くすような大群のスイートリップ(カラフルな魚ですよ)、やっぱり来て良かったー。 帰りは疲れて寝てましたが寝顔まで笑ってましたね。この帰宅後カメラをチェックしていると水漏れが発覚.....壊れちゃいました。 こんなトラブルはあったものの本当に楽しかったですよ。グレートバリアリーフはベテランからビギナーまでそのレベルに合わせて様々なポイントがあり、どのレベルの人での大満足できるダイビングが楽しめます。 みなさんもケアンズに来たら是非ダイビングを体験して下さいね、どの季節でもその時期特有の色とりどりな大小の魚、綺麗な珊瑚が皆さんを待ってます。 来週は年に一度の大イベント、珊瑚の産卵がありますのでガイドポンツーン原田突撃取材してきます。現地在住の皆さん、はるばる日本からお越しの皆さんもこの機会はお見逃しなく!! ・・・

久し振りにポートダグラスまでドライブに行ってきました。ケアンズ市内はビーチがなくちょっと物寂しいですが、ケアンズからポートダグラスの間は結構海が望めるところがあるので、レンタカーを借りて1日のんびりドライブも悪くないと思いますよ。まず最初の見どころはジャプカイアボリジニーカルチャーパーク。ここ市内から車で20分ほどの距離にあり、ジャプカイ族の歴史や文化が体験できる貴重なテーマパークです。その後、15分ぐらいの所にバンジージャンプができる場所もあり、時間があればどのくらいの高さから飛び降りるのか見てみてはどうですか。もちろん勇気と度胸のある人はバンジージャンプに挑戦してみてください。バンジージャンプ台から更に15分程のところに、ケアンズトロピカルズーがあり、コアラを抱っこしての写真など撮ることができます。もちろんカンガルー等オーストラリア特有の動物も見ることができるので、時間があればゆっくり動物園を楽しんでみてください。その後は海岸線のドライブをし丁度中間地点にハートリースクロコダイルアドベンチャーがあり、ワニの餌付けや様々なアクティビティーが体験できます。あとは一気にポートダグラスまでと、全てのアトラクションを見てしまうといつ着くの?となってしまうので、2箇所ぐらいお好きなところを選んで観光してみてください。 ・・・

ケアンズっ子の憩いの場ボードウォークを散策してみました。スタートはピアマーケット付近からスタートします。ピアマーケット内にはレストランやカフェが数多くあり、特に夜はかなり雰囲気の良いので是非行って頂きたいスポットです。ピアマーケットから直ぐにの所に人工ビーチラグーンがあります。日中かなり多くの人が利用してます。もちろんオーストラリアでは大人気のBBQの設備もあり、誰でも簡単にBBQが楽しめます。ラグーンから先は、ボードウォークが始ります。海にはよくペリカンがいて、良くバードウォッチングしている人を見かけます。反対側にはケアンズの歴史を物語る銅像や大砲等もあります。また、エクササイズができる不思議なトレーニング場所もあるので、オーストラリアで重たい食事ばかりで運動が必要になった場合に利用してみてはどうですか????夕方など色々な人が散歩やジョギングしていますので、是非行ってみてください。 ・・・

シドニーガイドのオペラ中山です。今回はケアンズのページにお邪魔しちゃいたいと思います。なぜかと言うと、実は日本から両親が来て一緒にダンク島まで旅行に行って来ました!ダンク島、サイコー!です。僕の両親も大喜びでした。僕オペラ中山が参加したアクティビティは「ゴルフ」「乗馬」「エステ(母)」。「ゴルフ」(有料)→9ホールですが、アップダウンがあり、結構難しいコース。レンタルシーズが無いので、僕はスニーカーでプレイ!レンタルクラブはあります。「乗馬」(有料)→これはかなり面白かったです。何と馬に乗ったまま海に入ってたりするんです。「エステ(母)」(有料)→母より一言、「寝ちゃった。。。」これ以外にもアウターリーフ行きのシュノーケリングツアーや無料のアクティビティなどがたくさんあり、2泊では全然足りなかったです。全体的な印象としては、ヨーロッパ系の家族連れが多かったなぁって感じです。ケアンズから小型飛行機で45分、またはバスでミッションビーチまで約2時間、そこから船で約30分、ケアンズからちょっと一足伸ばすとこんな素敵な場所があるんです!シドニーガイド、オペラ中山お勧めです! ・・・

ケアンズには砂浜がないので、ちょっと寂しい限りです。 車でケアンズ市内から20分程のヨーキーズノブに久し振りに行ってきました。 特にお店があるわけではないのでが、なんかのんびりしたい時にいつも行くところです。写真で見て分かるけど、人が殆どいないのが、良い所。なかなか日本では人がいない砂浜なんてあまりないですよね。

6月に出来たばかりのケアンズインターナショナルホテル内の「ブッシュファイヤーレストラン」。 ブッシュファイヤー(山火事)???名前を聞くと凄いインパクトがありますが、店内は落ち着いています。ここのレストランのメインメニューがブラジル料理で有名な「シュラスコ」(肉食べ放題です。)これ聞くと名前負けしてないなと実感できます。 オージービーフを思いっきり食べたい方是非足を運んでみてください。

ケアンズと言えばキュランダ観光は絶対に外せませんね。色々なツアー会社がキュランダ観光を催行してますが、殆ど内容は変わりません。まず、スカイレールに乗って世界遺産の熱帯雨林を空中散歩。天気が良ければグリーン島まではっきり見えますね。是非携帯望遠鏡をお持ちになられることをお勧めいたします。空中散歩の後は、水陸両々車で有名なアーミダックに乗ってみてください。陸を普通にに走っていたかと思えば、いきなり船に早代わり!!小さなお子さんにとってもお勧めです。その後、キュランダ村にて自由散策。お土産屋がたくさんありとってもキュートな村ですよ。お土産たくさん買ってくださいね。最後のハイライトはキュランダ列車。特にバロン滝は雨季のシーズンは水量も多く迫力満点です。乾季のシーズンはちょっと水量が少なくなってしまいますが・・・・熱帯雨林の中をゆっくり走りますので、マイナスイオンたっぷりできっとリラックスできますよ。 ・・・