お勧め!メルボルン情報

スペース
旅行情報.jp
バナー広告
旅行情報トップ > オーストラリア >お勧め!メルボルン情報
ご利用のご案内

メルボルン・お勧め情報!

メルボルン旅のガイド
姫の写真
メルボルンが大好きな四川省生まれの香港育ち。大学生の頃からメルボルン在住の“泡姫”です。 よく出没する場所:チャイナタウン。大好きな俳優:朝青龍(相撲)。 よく行くレストラン:四川料理
ワイン屋

LAZY DAZE PACKAGE
2008年11月13日
スタンフォードホテルのパッケージ“Lazy Daze package″に行ってきました。このプランおすすめです。お誕生日、結婚記念日、カップルのクリスマスなどなどイベントにもってこいです。・ビデオ2本無料・3コースディナー(お部屋でゆっくりお食事できます)・マッサージ(30分)・名前入りバスローブ・赤ワイン(ボトル)又はビール6本・レイトチェックアウト(12:00まで)・無料駐車場とこれだけのものが含まれているんです。盛りだくさんなんです。やることがありすぎて忙しいくらいなんですが絶対満足できます。日頃の疲れをマッサージで癒し、美味しいディナーを食べて、ゆっくり映画をみてLazyな一日を過ごしてみてはいかがでしょうか? ・・・

メルボルンに来たらグレートオーシャンロードともう一つ、絶対に訪れなくてはいけない所があります。思い当たる所はあるでしょうか?南半球最大級、クラウンカジノです!!!そこに足を一歩踏み入れれば煌びやかなネオンに包まれている夢の世界に行くことが出来ます。まずカジノ内に数件あるおしゃれなバーで呼吸を整え、落着いたところで賭けにいざ出陣!$1からプレイできるマシーンもあるのでビギナーにも優しいです。クラウンカジノエンタテイメント総合施設では、カジノはもちろん、レストラン、音楽生演奏、ショー、映画館、ボーリングなどが集まっています。クラウンホテルも隣接しています。行き方 86番か112番のトラムで市内中心部(スワンストンストリート)から約10分下記ウェブサイトより詳しい情報が御覧頂けますhttp://www.crowncasino.com.au/ ・・・

毎週、火木金土日オープンのクィーンビクトリアマーケットは沢山のエンタテイメントで満載です。食料品売り場だけしかないと思っている方、このマーケットは、日用雑貨、衣服、家具など日常必需品を取り揃えている何でも屋と言っても過言ではないのです。ジャムセッション、ショッピングツアー、お料理教室など毎月様々なイベントが開催されています。知る人ぞ知るマーケット名物、ジャムドーナッツは目の前で揚げたてのものが食べられます。メルボルン生活が多少長い人なら食べたことあるのではないでしょうか。上から粉砂糖がたっぷりふりかかっているチュロスも格別です。どちらとも移動販売しているので見つからない場合はスタッフに聞いてみてください。マーケット営業時間Tuesday: 6am - 2pmThursday: 6am - 2pmFriday: 6am - 5pm (General merchandise closes at 4pm)Saturday: 6am - 3pmSunday: 9am - 4pm詳しくは下記ウェブサイトより御覧になれますhttp://www.qvm.com.au/home.php ・・・

シティからトラム16番、96番、112番で約25分程で行けるセンキルダ。意外と知られていないのがこの海沿いエスプラネードマーケットセンキルダ。毎週日曜日朝10時から5時まで150以上の露店が並び、観光客というよりは地元客で賑わいを見せている。手作り帽子やバッグを売るヒッピー系のお姉さん、メルボルンの風景や似顔絵も描いてくれる絵描きさん、ジュエリー、オーガニック石鹸などを売る地元人、いろんなオーストラリア人の生活が垣間見えてくる。海が見えたらトラムを降り、露店で掘り出し物を見つけ、疲れたら何件も連なる向かいのカフェで一休みというのも有意義な日曜日の過ごし方ではないだろうか。詳しくは下記ウェブサイトより御覧になれますhttp://www.esplanademarket.com/ ・・・

今年もやってきましたメルボルンショー!!!子供だけのショーだと思っている方!ぜひ行ってほしいです! 今年は9月18日から28日の10日間行われました。 ブタが飛んだり、数々のゲームがあったり、カーニバル、お祭り騒ぎです! 他にも、フードワイン、オーガニック展、色々な動物を触り知り、ライフスタイルを豊かなものにするきっかけになることでしょう。 下記のウェブサイトから詳しい情報が御覧になれます。 http://www.royalshow.com.au/

メルボルンの展望台リアルトタワーはサザンクロス駅より徒歩5分でメルボルンを一望できます。入り口がちょっとわかりにくいのですが、ビルの入り口を越えてまっすぐ行くと右手に回転ドアが見えます。そこを入ると一階にはお土産屋があり、アボリジニの伝統楽器・ディジュリジュを始め、タワーの記念品も販売しています。入場料大人1名$14.50(2008年8月現在)で、リフトで上に上がっていくとほんの数秒で頂上に着きます。展望台の最上階に設置されている郵便ポストから投函することも出来ます!タワーに登る前に一階のお土産屋でポストカードを買っておくといいかもしれないですね!昼間に行くと海の方まで隅々確認することが出来、こんなにメルボルンって広くてきれいなんだなぁとしみじみ感動してしまいました。軽食もあるドリンクバーがあるので、シャンペーンを飲みながら夜景を見るのもオススメです。いつかは素敵な人と一緒に夜景を眺めながらロマンチックなひと時に浸ってみたいものです。 ・・・

ジェラート、パスタ、ピザが食べたい時はまっすぐライゴンストリートに行ってください!ナビツアーの前(又はメルボルンセントラル駅スワンストン通り側)から北に向かって1か8番のトラムに乗って8分程です。歩いても20分ぐらいです。 とにかく可愛い雑貨屋、服屋、レストランやカフェ、パン屋が豊富で目移りしちゃいます。次から次に欲しい物が出てきますぅぅぅ。 ライゴンストリートのシティよりの方には大きな公園もあるので一休みも出来ます。 ジェラート屋はいっぱいありますが、私のお勧めgelatissmoという所で、マンゴーとティラミス味を食べるといつも幸せな気持ちになります。。。 是非試してみてく

ツナパン
2008年8月6日
私が毎日朝食に食べているのが、ブレッドトップのツナたっぷりのツナパンと チーズたっぷりベーコンチーズクロワッサン。 朝、時間ぎりぎりまで寝ているとなかなか朝食がおうちでとれません。 駅につくころちょうどお腹がペコペコなんですね。 そこに美味しいパンの匂い。 必ずブレッドトップに寄ってツナパンとクロワッサンを調達。 朝は焼きたてなのでホカホカでさらに美味しさ倍増! 他にも、ロールケーキ、クレープ、ショートケーキ、アンパンなど甘いものも充実してるので3時のお茶にもおすすめです。

カラオケに行ってきました。 のどが少し痛いです。。。 ここはメルボルンセントラルの近くにあるKBOX。 日本のカラオケBOXを思わせる内装、タンバリン。 日本の歌もたくさんありました。 3ヶ月位前にでた日本の新曲はだいたいありましたよ! オージー、中国人、韓国人とカラオケ好きな 各国の人が集まっていました。 週末は絶対予約を入れないとはいれません。 何ヶ月かに一度ここにきて、日本語で大きな声で歌を歌う! それが最近のストレス発散になっています。 みなさんも是非!

メルボルンの中心駅フリンダース駅の前に位置する広場、Federation Square。週末は必ず面白いイベントが行われていて、いつも年齢層幅広い人たちで賑わっています。又平日でも設置されている大型スクリーンでスポーツ又は生演奏バンドを観て盛り上がったり、川沿いを散歩したり、座って夜景を見たり、いくつもあるお洒落なレストランやカフェ、バーで楽しんでいる人を観ているだけでもこっちも楽しくなってきちゃいます!! 川沿いで遊んでいる子供たちを観るとメルボルンって平和だなぁ、幸せが溢れている街だなと感じずにはいられない!!まずメルボルンに来たらフェデレーションスクエアにあるインフォメーションセンターで、メルボルンのイベントなどの情報収集をして、行きたい所をチェックしていくとイイと思います!市内地図も無料でもらえます。 ・・・

ツアーから夜遅くホテルに戻ってきた後、どうも小腹が空いて寝れない!なんていう人にお勧めストリートがあります。それは市内中心にあるラッセルストリート。特にバークストリートとロンスデールストリートの2ブロックには、小さなレストランがぎっしり。午前2時まで営業なんていうお店もあって、お値段も激安!!味もGOOD!ぜひふらっと立ち寄って頂きたい場所です。 特にこのあっさりしたラーメンが最高! いろいろ選べて7ドルから。

バークストリートとスワンストンの交差点周辺は、いつもいろいろなパフォーマンスをする者たちでにぎわっています。毎日いろいろなアマチュアシンガーが思い思いの曲を演奏したり、絵を描いて売っていたりします。今日はこんなパントマイム?!なんかやってました。

四川料理に挑戦!
2008年7月18日
チャイナタウンにあるスパイシーフィッシュレストラン(SPICY FISH RESTAURANT)に行ってまいりました。このレストランは四川専門なので、ほとんどが激辛メニュー。辛さのレベルが唐辛子マークで表示されたメニューで、どの料理が一番辛いか、またマイルドかがわかって初心者にも注文しやすい。個人的にはもっと辛くてもOKなのですが、一般の方にはこれぐらいの辛さをお勧めします。