ゴルフ天国ゴールドコースト 練習編 ドライビングレンジ(打ちっぱなし)の巻

スペース
旅行情報.jp
バナー広告
旅行情報.jp > オーストラリア > お勧め!ゴールドコースト情報 > ゴルフ天国ゴールドコースト 練習編 ドライビングレンジ(打ちっぱなし)の巻
ご利用のご案内

ゴルフ天国ゴールドコースト 練習編 ドライビングレンジ(打ちっぱなし)の巻

ゴールドコースト旅のガイド
あじゃの写真 あじゃ
あじゃはオーストラリアに来て9年、ゴールドコーストに来て4年になります。ゴールドコーストの最新旅行情報をお伝えしますのでよろしく!
ワイン屋

大自然の中での打ちっぱなし
今回のコースはエメラルド・レイクス
まずはクラブハウスへ
クラブハウスのカウンターへ
大サイズかごのチケット
ボールの自動販売機コーナー
ゴールドコーストと言えばサーフィンと並んでメジャーなスポーツがゴルフ。雲ひとつない抜けるような青空のもと、青々としたグリーンと自然豊かなコースレイアウトを楽しめる、日本のお父さん達には夢のような楽園です。そしてまた料金が安い!ゴールドコースト滞在中のお勧めアクティビティの代表ですね。

でも国が違えば、作法や手続き方法が違うかも、と不安になるのは当然。
そこでゴルフシリーズとして何度かに分けて、いろんなゴルフのご紹介をしていきたいと思います。

まず第一回目の今回は「打ちっぱなし」。日頃、日本で忙しい毎日を送っている世のお父さん方は練習もままならない、ちょっと感を取り戻してからコースに出たい、と思われるはず。そんなお父さん方のための講座です。

まず、ゴールドコーストではゴルフ場に併設されているドライビングレンジばかりで、日本の市内にあるような打ちっ放し専用の施設はないので注意。そしてコインを入れたら自動で下からボールが上がってくる、なんていう便利なシステムもありません。

ほとんどの場合、まずドライビングレンジ(Driving Range)の受付に行き、お金を払ってかごに入ったボールを買う、というスタイルです。かごのサイズが大、中、小ありますので、英語が苦手な方は指で指したり身振り手振りでなんとか乗り切れるでしょう。

ところが中途半端に自動化されている打ちっ放しがあります。今回、ご紹介するエメラルド・レイクス・ゴルフ・クラブ(Emerald Lake Golf Club)もそんなゴルフ場。ボールの購入するのが自動販売機からなんです。

エメラルド・レイクスはサーファーズパラダイスから車で約15分。美しい山々をバックに望む静かなゴルフ場で、コースの周囲にはおしゃれなヨーロッパ調の新興住宅街が。水路に臨むリバーサイドでもあります。本コースの方もバンカーの配置やアップダウンなど凝ったレイアウトでチャレンジングな人気のコースです。

それではさっそく潜入です。
まずはクラブハウスに行き、料金を支払います。写真にあるような暗証番号が印字されたチケットを受け取るのですが、かごのサイズが大小あります。写真のチケットにはミディアムとあるのですが、中サイズと小サイズしかないので、クラブハウスのスタッフは便宜上、ミディアムをラージと呼んでいるようです。チケットを購入する際は「One large backet, please.」で大丈夫(ワン・ラージ・バケット・プリーズ と発音)。

次にチケットを持って打ちっぱなしに隣接されているボールの自動販売機へ。まずボールの受け口にかごをセットします。かごが大・小2種類あるので大を選んで受け口に置きます。

次にチケットに印字されている暗証番号を間違えずにキーパットに打ち込みます。数字だけで大丈夫。あとにシャープなどの記号を入れる必要もありません。ちなみに中サイズの場合、小サイズ2回分のボールが出てくるので、ボールがゴロゴロ落ちてきた後、一旦止まり、その後、残り半分が出てくるので注意!慌てないでください。

ボールを入手したら空いている打席へ。屋根なしと屋根ありがありますが、どちらも打ち込む場所は同じ。ちなみに本当の芝を使った広い敷地なので、多少フックしても全然平気です。中央には飛距離表示の看板があるので便利かも。ちなみに表示は「ヤード」ではなく「メートル」表示です。

人工芝のマットの上から打つわけですが、ドライバー用のゴム製ティーの長さがまばらで、しかもティーがある打席とそうでない打席があるので、打席はしっかり選んでください。あとはフォームを確認しながら打つのみ!ちなみに別料金・事前予約でレッスンプロの指導を受けることもできるので希望者は要チェック(英語のみ)。

でもボールはすべて打ち切らないでくださいね。クラブハウスと打席の間にはパター練習用のグリーンが。そして打席の奥には練習用のバンカーもきちんとあります。このグリーンやバンカーでは練習ボール以外の使用は禁止されていますので、ちゃんと練習ボールを残しておく必要があるというわけです。

広い空、青い芝、小鳥のさえずり。もうこれだけでも日頃のストレスは発散できそうですね。ちなみにこのエメラルド・レイクスでは子供用のパットパットゴルフも併設されていますし、クラブハウス横のレストランではしっかりと食事を楽しむこともできます。また練習の後にはエメラルド・レイクスのショッピングタウンにあるリバーサイドのカフェなどでおしゃれなひと時を過ごすこともできますので、奥さんやお子さんと出かけてもみんなで楽しめます。もう「お父さんだけ出かけて」となじられる事も家族に気兼ねすることもありません。

さあ、あなただけのあなたのためのゴールドコースト旅行を楽しんでください。

自動販売機にチケットナンバーを打ち込みます
黄色い練習ボールがバケツいっぱいに入ります
広い練習場のどこに陣取っても大丈夫です
マットの様子
早速練習開始です
周囲にネットも無いので青い空にボールを打ち込めます
パター練習用のグリーン
練習用バンカー

ゴルフ天国ゴールドコースト 練習編 ドライビングレンジ(打ちっぱなし)の巻の口コミ情報
まだ口コミ情報は存在しません。是非口コミ情報を投函してください!!