ハワイ・出入国・ビザ

スペース
旅行情報.jp
バナー広告
旅行情報.jp > ハワイ・基本情報 > ハワイ・出入国・ビザ
ご利用のご案内
ハワイのビザの取得手続き、そして海外旅行の最初の山場、ハワイの入国手続き、出国手続きを旅行情報.jpで徹底解説!これで安心してハワイへ!

ハワイ入国のためのビザ(米国査証免除プログラム)

オーストラリアのビザ(ETAS)

ハワイ(アメリカ合衆国)の場合、90日以内の観光目的の旅行者は、「I-94W」(アイ・ナインティフォー・ダブリュー)と呼ばれる、「VISA WAIVER FORM(ビザ・ウェーバー・フォーム、ビザ免除用紙)に必要事項を記入し、出国の為の航空券を所持、IC旅券・機械読み取り式の旅行の所持などの条件を満たせば、アメリカ合衆国のビザを取得する必要はない。
一般の観光旅行の場合は、まずこれらの「米国査証免除プログラム」の要件に該当するが、念のために、ハワイへ無査証で入国するための、詳しい要件を確認しておこう。
なお、2009年1月12日より、米国領事館のWEBサイトより、米国への渡航者の事前登録が必要になる予定。この日以降にハワイへ渡航の予定の人は、要注意だ。


シティレールハワイ入国手続き

オーストラリアの入国手続き

海外旅行において、まず最初の山場は、この入国手続き。ハワイ(アメリカ合衆国)の場合、入国手続きは他の国と比較して、若干異なる点がある。
それは、入国時において入国審査官により、14歳から79歳の全ての入国者に対して、指紋の登録と写真の登録が行われること。これは米国を経由して、第三国に出国する場合も同じ。
入国手続き、税関手続きでとまどう事のないように、しっかりとハワイの入国手続き・税関手続きの流れを、ここでおさえておこう。


ライトレールハワイの出国手続き

オーストラリアの出国手続き

楽しかったハワイ旅行も終わり、日本へ帰国の途へ。ハワイ(米国)の出国手続きで他の国と違うのが、「出国審査がない」ということ。航空会社のチェックインカウンターで、パスポートにホッチキスでとめられていた、I-94Wの出国カード部分を搭乗券にホッチキスで貼ってもらい、それを航空会社の職員が、搭乗ゲートで飛行機に乗り込む際に回収して終わり。
一時期ロサンゼルスサンフランシスコなど、米国本土の主要空港では、入国時と同様、パスポートと指紋、写真の照合が行われていてたが、ハワイにも導入される予定であったが、このシステムは2007年に廃止となり、今まで通り、出国手続きはI-94Wの回収のみとなっている。


出入国・ビザの口コミ情報
まだ口コミ情報は存在しません。是非口コミ情報を投函してください!!