ハワイ・電源プラグ・電圧

スペース
旅行情報.jp
バナー広告
旅行情報.jp > ハワイ・基本情報 > ハワイ・電源プラグ・電圧
ご利用のご案内
ハワイの電源プラグ形状、電圧をご紹介します。ハワイ旅行の前に、旅行情報.jpでハワイの電源、プラグ、電圧事情をマスター!

ハワイ電源プラグ・電圧

ハワイの電源プラグ形状は、Aタイプと呼ばれるタイプで、日本と同じ。電圧は110-120Vと、日本より若干高い。


携帯電話、デジタルカメラ、ビデオ、ノートブックPCは、普通240Vまで、充電器が対応しているものがほとんどだ。取扱説明書、充電器(ACアダプター)に記載があるはずのなので、まず確認をしよう。240Vまで対応している場合は、何も用意することなく、そのままハワイでも、電源プラグに差し込んで利用することができる。対応していない電気機器の場合は、「電圧変換器」を使用する必要がある。

ハワイの電圧

 

電圧変圧器が必要な場合、ホテルであれば、貸し出しをしているところが多いが、その数は少なく、借りられないことは珍しいことではない。そのため、その電気機器を必ず使う必要があるのであれば、持参した方が無難。ただし、電圧変圧器はかなり重いので、持参するのは難しいので、その電気機器を使うのをあきらめるか、240V対応のものをレンタルなどで借りた方が無難だ。


ホテルのバスルームに日本と同じタイプのソケット、100Vの電源あるホテルもあるが、シェーバー用の軽電流用のものなので、ドライヤーなどを使用すると大変なことになるので注意!

なお、変換プラグ(電圧を変更せず、プラグの形状のみ変更。英語でADAPTER、アダプター)と、変圧器(電圧を変換。英語でTRANSFORMER、トランスフォーマー)は違うので、注意が必要。100Vまでしか対応してない機器を、変換プラグのみで利用した場合、壊れる可能性が高いが、それだけならまだいいが、最悪燃え上がったりなど火災の原因にもなりかねない。

ハワイの電源プラグ形状

電源プラグ・電圧の口コミ情報
投稿者:カメカメハー
口コミタイトル:PC、デジカメ問題ありませんでした!
旅行時期:03/2008
ノートPC、デジカメ、ケータイ、どれも変圧器や変換プラグを使わずに、そのまま充電OKでした。まったく問題ないです。
投稿日:2008年11月3日