マウイ島・概要

スペース
旅行情報.jp
バナー広告
旅行情報.jp > ハワイ > マウイ島 > マウイ島・概要
ご利用のご案内

マウイ島・概要

マウイ島を訪れるにあたり、マウイ島の到着前におさえておきたいマウイ島の基本情報。マウイ島へのアクセス、マウイ島の主な見所、マウイ島の概要などをご紹介します!

マウイ島の位置
マウイ島の位置

マウイ島へのアクセス

マウイ島へのアクセスは、ホノルル空港より空路でマウイ島へは、ハワイアン航空、GO!航空、アイランドエアーの3社が乗り入れる。マウイ島には、カフルイ空港、カパルア・ウェスト・マウイ空港、ハナ空港の計3つの空港があり、一番多くの便が乗り入れるのは、このうちのカフルイ空港。

ハワイの中でも、ホノルル・ワイキキビーチのあるオアフ島に次、ハワイ島と並ぶ人気をこのマウイ島は誇るので、ホノルル空港からハワイアン航空をはじめ、多くの便がマウイ島へ運行している。

マウイ島のカフルイ空港へ直接日本から乗り入れている便はなく、ホノルル国際空港経由でマウイ島へ入ることになる。カフルイ空港には、ハワイアン航空、GO!航空、アイランドエアーの3社が乗り入れ、カパルア・ウェスト・マウイ空港にはアイランドエアーのみ、そしてハナ空港にはパシフィックウィングスのみが定期便を運行する。

ハワイアン航空(日本語): http://www.gsa.co.jp/hawaiianair/

ハワイアン航空(英語): http://www.hawaiianair.com

アイランドエアー: http://www.islandair.com/

GO!: http://www.iflygo.com

パシフィックウイングス: http://www.pacificwings.com/

ハワイ州内の航空機の予約方法は、ハワイ州内の交通をご覧ください。

●ハワイアン航空(ホノルル → カフルイ)
便名
曜日
出発
到着
206
日除く
0500
0536
106
毎日
0515
0551
114
毎日
0625
0701
156
毎日
0735
0812
116
毎日
0807
0844
176
毎日
0820
0857
1216
毎日
0825
0910
146
金・土・日
0858
0935
520
毎日
0929
1006
186
毎日
1029
1106
126
毎日
1049
1126
528
毎日
1145
1222
1226
毎日
1205
1250
166
毎日
1209
1246
164
毎日
1332
1411
152
毎日
1407
1446
346
毎日
1447
1526
334
毎日
1504
1541
216
毎日
1518
1555
1236
毎日
1550
1635
544
毎日
1612
1649
546
毎日
1658
1735
536
毎日
1721
1758
194
金・土・日
1742
1819
196
毎日
1911
1948
596
毎日
1955
2032
396
毎日
2100
2137
516
毎日
2140
2217
 
●ハワイアン航空(カフルイ → ホノルル)
便名
曜日
出発
到着
205
日を除く
0605
0639
105
毎日
0620
0654
115
毎日
0730
0804
155
毎日
0840
0914
175
毎日
0925
0959
133
毎日
0931
1005
145
金・土・日
1003
1037
1215
毎日
1020
1105
525
毎日
1034
1108
315
毎日
1105
1139
185
毎日
1134
1208
157
毎日
1211
1245
529
毎日
1250
1324
165
毎日
1314
1348
177
毎日
1352
1426
1225
毎日
1405
1450
161
毎日
1514
1548
345
毎日
1554
1628
335
毎日
1609
1643
215
毎日
1625
1659
543
毎日
1717
1751
1235
毎日
1745
1830
545
毎日
1803
1837
549
毎日
1826
1900
195
金・土・日
1847
1921
197
毎日
2025
2059
595
毎日
2100
2134
395
毎日
2205
2239
515
毎日
2245
2319
■上記は2008年10月現在のスケジュールです。航空会社のスケジュールは頻繁に変更となりますので、各自航空会社のWEBサイトなどでご確認ください。

●GO!(ホノルル → カフルイ)
便名
曜日
出発
到着
1010
毎日
0730
0805
1011
毎日
0935
1010
1012
毎日
1135
1210
1037
毎日
1350
1425
1032
毎日
1545
1620
1017
毎日
1735
1810
1018
毎日
1940
2015
 
●GO!(カフルイ → ホノルル)
便名
曜日
出発
到着
1001
毎日
0625
0657
1002
毎日
0825
0857
1003
毎日
1030
1102
1004
毎日
1230
1302
1027
毎日
1445
1517
1006
毎日
1640
1712
1007
毎日
1830
1902
■上記は2008年10月現在のスケジュールです。航空会社のスケジュールは頻繁に変更となりますので、各自航空会社のWEBサイトなどでご確認ください。

●アイランドエアー(ホノルル → カフルイ)
便名
曜日
出発
到着
1280
毎日
0605
0640
0104
毎日
1200
1235
0290
毎日
1315
1350
 
●アイランドエアー(カフルイ → ホノルル)
便名
曜日
出発
到着
0425
毎日
1330
1405
0423
毎日
1540
1615
1287
毎日
1935
2010
■上記は2008年10月現在のスケジュールです。航空会社のスケジュールは頻繁に変更となりますので、各自航空会社のWEBサイトなどでご確認ください。

●アイランドエアー(ホノルル → カプルア)
便名
曜日
出発
到着
1550
毎日
0700
0732
0052
毎日
0940
1012
0058
毎日
1130
1202
0056
毎日
1435
1507
1558
毎日
1640
1712
 
●アイランドエアー(カプルア → ホノルル)
便名
曜日
出発
到着
1551
毎日
0752
0824
0053
毎日
1032
1104
0059
毎日
1223
1255
0057
毎日
1528
1600
1559
毎日
1733
1805
■上記は2008年10月現在のスケジュールです。航空会社のスケジュールは頻繁に変更となりますので、各自航空会社のWEBサイトなどでご確認ください。

●パシフィックウイングス(ホノルル → ハナ)
便名
曜日
出発
到着
469
毎日
1030
1125
421
土除く
1700
1755
 
●パシフィックウイングス(ハナ → ホノルル)
便名
曜日
出発
到着
496
毎日
1140
1235
411
毎日
1550
1640
■上記は2008年10月現在のスケジュールです。航空会社のスケジュールは頻繁に変更となりますので、各自航空会社のWEBサイトなどでご確認ください。

ハレアカラ山頂
ハレアカラ山頂

マウイ島の見所

ハワイのマウイ島観光を語る上で外せないのは、やはりハレアカラ火山だ。ハレアカラとはハワイ語で「太陽の家」。ハレアカラ火山の噴火口は、その面積は何と49.2平方kmにも及ぶ。ハレアカラ火山へは、各種様々なツアーが出ているが、レンタカーで頂上まで訪れる事も可能だ。一番眺めの良いポイントは、9,800フィート(約2,987km)地点にあるビジターセンター周辺のポイント。火口内を一望出来る。

もう一つマウイ島観光で外せないのが、クジラウォッチングだろう。毎年12月から4月の冬季にかけて、夏の間はアラスカ沖の北極海を餌場とするザトウクジラが、マウイ島周辺の暖かい海へやって来て、交尾、出産、子育てを行う。その姿は西マウイ沿岸の展望台から見る事が出来る。また、シーズン中は毎日たくさんのクルーズ船が出港しており、間近でその雄姿を眺める事も可能だ。

その他、色とりどりの熱帯魚が観れるモロキニ島シュノーケリング、ハワイ王国の首都だったラハイナの町、雰囲気抜群のサトウキビ列車やグリーン鮮やかなゴルフ場などなど、快挙にいとまがない。

その他のマウイ島の観光スポットとしては、ラハイナ最古のホテル「パイオニア・イン」、トロピカルフルーツ農園「マウイ・トロピカル・フルーツ・プランテーション」、「天国のような」と称えられるハナ・マウイへと続く道といわれる「ハナ・ハイウェイ」などが上げられる。

マウイ島のゴルフ場
ワイメア渓谷

マウイ島の概要

マウイ島は、島の南東部に位置するハレアカラ火山と、島の西部に位置するプウ・ククイ火山とが溶岩で繋がり、構成された島である。その地形や豊かな自然から、「The Valley Island(渓谷の島)」とも呼ばれている。

マウイ島は、モロカイ島ラナイ島、カホオラウェ島を含めた4つの島々からなるマウイ郡の中心であり、そのマウイ郡の総人口13万人の内の約9割の人が暮らす。

リゾートエリアは、カアナパリ地区やワイレア地区など、晴天率の高い西海岸に集中しており、また大型ラグジュアリーリゾートホテルが多数点在しているので、マウイ島観光の拠点は西海岸と言えるだろう。

マウイ島を訪れる観光客の大多数はアメリカ本土からの観光客で、ホノルルがあるオアフ島とは若干一線を画す。その為、マウイ島の観光マーケットのターゲットはあくまでもアメリカ本土に向けられており、ホノルルのように、どこでも日本語が通用する、といった感じでは無い。ただし、日本人観光客の相対比率が少ないとはいえ、やはり多数の日本人観光客が訪れるため、各ホテル、レストランなどでは、日本語の案内やメニューなどを取り揃えており、高級リゾートホテルでは、日本人語ゲストサービスが居る事が多い。

 

マウイ島の概要の口コミ情報
まだ口コミ情報は存在しません。是非口コミ情報を投函してください!!