旅行情報は海外旅行に使える、無料オンライン・ガイドブック。現地発信なので、旅行情報が新鮮で正確です!

スペース
旅行情報.jp
バナー広告
国際ローミングで、日本の携帯電話をそのまま海外で使おう!日本と同じ電話番号、メールアドレスでとっても便利です!国際ローミングの仕組みを徹底解説。

日本の携帯電話を海外で利用する!

国際ローミング

機種によっては、今日本で使っている携帯電話を、海外で利用できるって、知ってた?これは「国際ローミング」と呼ばれる仕組みで実現をしてる。日本の携帯電話各社、NTTドコモ、AU、ソフトバンクが、それぞれ海外の通信会社と契約をし、回線を借り入れて、自社の顧客に提供して実現をしている。

ただし、全ての携帯電話の機種で利用できる訳ではないので、ご利用の携帯電話のWEBサイトを参照、または電話など問い合わせること。使えるとわかっていても、携帯電話会社側の設定、または携帯電話本体の簡単な設定が必要な場合あるので、あわせて確認をすること。

携帯電話各社の国際ローミングサービス

携帯電話各社は、自社の国際ローミング・サービスに対して、それぞれ名前を付けている。問い合わせをする際など、このサービスの名前がわかっていると便利。WEBサイトは下記の通り。

ドコモ:ワールドウィング http://www.nttdocomo.co.jp/service/world/roaming/
AU:グローバルパスポート http://www.au.kddi.com/service/kokusai
ソフトバンク:世界対応ケータイ http://mb.softbank.jp/mb/international/

国際ローミングのメリット

国際ローミングのメリットは、まず普段使っている携帯電話を、そのまま海外で使用できること。使いなれている上に、アドレス帳などもそのままなので、緊急の連絡にも問題がない。また、電話番号、メールアドレスも、日本そのままなので、仕事関係の連絡などもミスすることもなく、家族、知人などに、連絡先として新たに伝える必要もない。

請求は日本の携帯電話利用料金と一緒に請求が来るので、支払いの面倒がないのも、メリットのひとつだ。自分の携帯電話機種が、国際ローミングに対応していれば、レンタル料金もかからない、緊急連絡のみに徹し、結果何も使わなければ、費用が一切かからないのもメリットとして上げられる。

国際ローミングのデメリット

日本の電話番号そのままというのは、メリットでもあるし、実はデメリットでもある。その携帯電話番号を知っている人に「何月何日から海外なので、緊急連絡以外はしないでね」と伝えられればいいが、そうでない場合、あなたが海外にいることを知らないで、かけてきてしまう事があること。なおさら時差のある国に滞在すると、日本では昼なのに、しょうもない用事で、早朝に電話がなることも。また、着信料金がかかるので、急ぎでない用件でも、この着信料金がかかってしまう。メールも同じように、安くはないパケット代金が別途かかってしまう。

音声品質でいうと、あまり良いとは言えず、かなり遠い感じ、エコーやディレイ(遅れ)が気になる。これは滞在国から日本へ発信、その後再度日本から滞在国へ信号が戻り、往復しているため。

また、電波が届く圏内なのに、繋がらないということも、発生するので、この面でも余り良いとは言えない。
詳しくは後述するが、滞在国で隣にいる人にかけてもらうのにも、一度日本へ国際電話、それが滞在国へ戻ってくる。したがって、隣の電話をかけてくれる人は、国際電話料金を支払わなくてはならなくなるので、電話をかけてもらうのを嫌がられる。

料金課金の仕組み

日本国内の人は、日本の電話番号へ、それが自動的に海外へ転送、じゃあ、誰がどこまでの料金を支払うの?という疑問が出てくる。答えは簡単、日本からその滞在国への「国際転送料金」は、国際ローミングをしているあなたが払うことになる。たとえば、日本の同僚Aさんが、オーストラリアに滞在しているあなたに電話をしてきた場合、Aさんは日本国内の電話料金のみ、そしてあなたは「着信料金」を支払うことになる。その着信料金には、「日本からの国際電話転送料」が含まれている。(NTT DOCOMOは、国際電話転送料と着信料を分けて料金明示)

それでは、オーストラリアにいるあなたに、同じオーストラリアにいるBさんが電話をする場合。Bさんは日本の電話番号のあなたに電話をするために、日本へ国際電話をしなくてはならない。当然、日本までの国際電話料金は、発信者のBさんもち。その後は、日本からの発信と同じく、あなたは「着信料金」を払うことになる。たとえばBさんがハワイにいて、オーストラリアにいるあなたに電話する場合も、これと同じ。ハワイから日本へはBさん、そして着信料金があなたの支払いとなる。

国際ローミング 国際ローミング

国際ローミングの料金目安

国際ローミングは料金が高い、といわれているが、その通り、安くはない。気にせず、すごい勢いで使っていると、とんでもない金額になってしまう。しかしながら、緊急用にとか、仕事上で必要、という人には、国際ローミングはメリットの大きなサービスだ。下記はハワイを例にとって、携帯電話3社の料金を比較してみた。表の通り、携帯電話各社で大きな差はない。

各社料金単位は1分単位となり、例えば3秒で通話を切っても、1分で課金となる。

● ハワイの場合(料金は1分単位)

 
発信する場合
着信する場合
滞在国内
日本向け
着信料
レンタル料金
ドコモ
125円
140円
175円
なし
AU
120円
140円
165円
なし
ソフトバンク
125円
140円
150円
なし

 

日本にいる人の電話のかけ方

あなたが日本にいる時と同様、変わったことは何もする必要がない。ただ、日本の携帯電話番号にかけるだけ。携帯電話会社の交換機が、自動的に海外へ転送する。

海外から日本へ電話のかけ方

海外にいるあなたが、日本へ電話をする際には、国際電話としてかける、その国際電話のかけ方は、日本から国際電話をかけるやり方ではなく、「その滞在先国の国際電話のかけ方」になるので注意。つまり、最初の国際電話アクセス番号が、滞在国によって違うということだ。

しかしながら、携帯電話には便利な機能がある。その「国ごとに異なる国際アクセス番号」を「+」(プラス)に置き換えることが可能だ。機種によっては若干違うが、+キー(通常0と同じ)を長押し、または2回押すことによって、+が出てくる。その後、国番号(日本は81)、市外局番の0を除いた市外局番、そして電話番号と続ければ、OKだ。

国際ローミング

日本の携帯電話にかける場合は、上記の「3」のところを、同じく最初の0を抜いて、「90」「80」などとする。
下記が主要国の国際アクセス番号の一覧となる。+を使わず、下の表の国際アクセス番号をでかけてもOK。