アメリカ・入国手続き

スペース
旅行情報.jp
バナー広告
旅行情報.jp > アメリカ・基本情報 > アメリカ・入国手続き
ご利用のご案内
アメリカ(米国)の到着時の入国手続き、I-94W(米国査証免除プログラムの申請書、兼出入国カード)、税関申告書の書き方などを詳細にご紹介します。

アメリカのI-94W(入国カード)の書き方

アメリカへ航空機で向かう場合、機内でI-94W(アイ・ナインティフォー・ダブリュー)と呼ばれる、米国査証免除プログラムの申請フォーム、兼入国・出国カードが配られる。日本からの直行便を利用した場合は、日本語の入国カードが配られるが、経由便の場合は、英語の入国カードしかないのが普通。下記は日本語のものだが、英語のものも、質問内容、順番などはまったく同じなので、下の日本語のものを参考に記入すればOK。日本語のフォームでも、回答は英語(ローマ字)で記入すること。大人・子供関係なく、1人1枚記入が必要。

アメリカの入出国カード


①パスポートと同じ姓 
②パスポートと同じ名前 
③パスポートに記載されている生年月日
④パスポートに記載されている国籍を記入。国籍が日本ならJAPAN
⑤性別
(男性:MALE 女性:FEMALE)
⑥パスポート番号/旅券番号
⑦搭乗便名
(ノースウエスト航空=NW、ユナイテッド航空=UA、デルタ航空=DL、アメリカン航空-AA、コンチネンタル航空=CO、JAL=JL、ANA=NH など英語のレター2つで表示されています。搭乗券に載っています)
⑧居住国
⑨搭乗地の市名
⑩滞在先ホテル名 ※滞在先の住所はチェックしておくことをお勧めします!
⑪滞在先の市名と州名
⑫ 質問事項に当てはまらない場合はいいえにチェックしましょう。
⑬パスポートと同じサイン
⑭カード記入日の日付


アメリカの税関申告書の書き方

アメリカ(米国)に入国する際には、申告するものが特になくても記入する必要あり。I-94Wと同様、機内で配られるので、降機するまでに記入しておくこと。通常日本からの飛行機の場合は、日本語で質問が書かれたフォームが配られるが、回答の記入は英語(ローマ字)にて。

I-94Wと違い、この税関申告書は家族で1枚の記入で構わない。税関申告書の記入は、必ず正直に記入すること。虚偽の申告を行った場合、罰金の対象となる。特にUS$10,000の持込は、申告が必要となり、申告せずに持ち込みが発覚した場合、最悪没収になるので、くれぐれも注意すること。

アメリカの税関申告書

①パスポートと同じ姓 
②パスポートと同じ名前 
③パスポートに記載されている生年月日
④同伴している家族の人数
⑤滞在先のホテル名 ※滞在先の住所はチェックしておくことをお勧めします!
⑥滞在先の市名
⑦滞在先の州名
⑧パスポートが発行された国
⑨パスポート番号
⑩居住国
⑪日本からの直行便の旅行者は記入なし。経由で他国に到着しただけの場合も記入不要。
⑫搭乗便名
(ノースウエスト航空=NW、ユナイテッド航空=UA、デルタ航空=DL、アメリカン航空-AA、コンチネンタル航空=CO、JAL=JL、ANA=NH など英語のレター2つで表示されています。搭乗券に載っています)
⑬質問事項に当てはまらない場合はいいえにチェックしましょう。
⑭パスポートと同じサイン
⑮カード記入日の日付
⑯⑬ではいに記入があった場合、申告する物の詳細をここに記入します。

アメリカ入国時の免税範囲

アメリカ(米国)に入国する際には、下記の範囲で免税となる。

■アルコール飲料1リットルまで (18歳以上の旅行者)
■紙巻タバコ200本まで


アメリカ入国手続きの流れ

アメリカの場合、アメリカ国内線への乗り継ぎは勿論、実際に空港を出ずに第3国へ乗り継ぐ場合も全て、最初にアメリカへ飛行機の到着した空港で、入国審査を行う。つまり、自分の乗っていた飛行機を降りる人の流れにのってついていけば、まず間違いなく、入国審査場へたどり着くことができる。 アメリカの大都市の空港は巨大だが、それ程心配することはない。

STEP 1 
飛行機が到着したら、「Immigration」(イミグレーション、入国審査場)の表示にしたがって進む。

STEP 2
入国審査場に出たら、「Non-Resident」(非居住者)の列へ並ぶ。

STEP 3
順番がまわってきたら、パスポート、記入済みI-94W、帰りの航空券(E-TICKETの場合は、PASSENGER RECEIPT、又は行程表でも可)を、カウンターの入国審査官へ渡す。この時、両手の人差し指の指紋の登録、写真の撮影を行う。指紋の登録は、インクなどは使用せず、スキャナーの上に人差し指を乗せて、電子的にデータの保存を行う。
この時、入国審査官が渡航の目的、日数などを質問する場合があるので、下記の例を参考に、答えられるよう準備しておいた方が良い。答えは難しく考えずに、一言でも構わない。

例)
質問:What is your purpose of your stay in United States?(ホワット イズ ユア パーパス オブ ステイ イン ユナイテッド ステイツ?合衆国滞在の目的は何ですか?)
答え:Sightseeing.(サイトシーイング、観光です)

質問:How long will you stay?(ハウ ロング ウィル ユー ステイ?どれくらいの期間滞在するつもりですか?)
答え:6 Days.(シックス デイズ、6日間です)

STEP 4
問題がなければ、パスポート、帰りの航空券、そしてI-94Wは出国カードの部分のみを返してくれる。通常I-94Wの出国カード部分は、パスポートにホチキスでとめられて返されるが、稀にホチキスでパスポートにとめないで返す係官もいる。ホチキスでとめていないと、パスポートを手にもっているうちに、知らずに落としてしまうことがあるので、必ず直ぐに確認をしよう。これらを受け取ったら、更に1階下へエスカレーターで下がり、荷物受け取り場へ向かう。

STEP 5
荷物受取のターンテーブルは、到着便ごとに別れている。自分の到着した便のターンテーブルで待ち、受け取ったら、記入済みの税関申告書を持って、税関検査へ向かう。もし、荷物が未着、あるいはダメージを受けている場合は、この荷物受取場にある「Baggage Service」と表示のある、荷物係りに申し出ること。

STEP 6
税関検査場にて、税関検査官へ税関申告書を渡す。何か申告がある場合、あるいは検査官が必要と認めた場合は、荷物を開けて検査を受けることになる。

STEP 7
税関を抜けると「MEETING AREA」と呼ばれる、一般人の入れる出迎えエリアに出る。ツアーなどで空港送迎が付いている場合、ここでガイドさんが、ミーティングボード(名前、あるいはツアー名が書かれたボード) を持って待っているはずだ。空港送迎が無い場合は、タクシー乗り場、シャトルバス乗り場へ向かおう。

ホノルル空港見取り図


入国手続きの口コミ情報
投稿者:w-icp
口コミタイトル:アメリカ入国手続き
旅行時期:06/2010
I94-wへの記入は不要になりました。飛行機内でも用紙の配布はなくなりました。

入国時の両手の指紋検査の順番は決まっていません、審査官によります。

日本人で申告しないで持ち込めるのは金額が10000ドル以下までです。

肉類は持ち込み禁止ですが、フルーツや米など持ち込み出来るものもあります(イチゴ、梨など)。



投稿日:2010年6月26日
投稿者:FLY HIGH
口コミタイトル:アメリカ入国手続き追補
旅行時期:02/2010
入国時の両手の指紋検査の順番は
1)最初に左手の親指2)次に右手の親指3)左手の残った4本の指 4)右手の残った4本の指 の順と思います。
また種類の記入用紙へは
黒色のボールペン使用、すべて活字体です。それから
関税を払う事無く持ち込めるのは日本人で訪問者の場合
合計金額が100ドルまでです。肉類や生鮮食品類は持ち込み禁止ですが、これは日本帰国時も同じ、ビーフジャーキーなども
持込禁止になっていますから要注意です。
投稿日:2010年4月5日