アメリカ・通貨・両替

スペース
旅行情報.jp
バナー広告
旅行情報.jp > アメリカ・基本情報 > アメリカ・通貨・両替
ご利用のご案内
アメリカ(米国)の通貨、USドルの紙幣、コインの種別、アメリカでUSドルへの両替でもっともお得な方法を、アメリカ旅行情報.jpがお教えいたします。

アメリカの通貨・両替(USドル)

アメリカの通貨は、「USドル」。英語では「US DOLLAR」(ユーエス・ダラー)、日本では米ドルとも呼ばれる。オーストラリアドル、香港ドルなど、「ドル」という単位を通貨の単位として利用している国も多く、アメリカ国外において、USドルと判然しない場合は、「US$」「USD」などと一般的に表記されるが、アメリカ国内では単に「$」で表示される。

補助通貨単位は「セント」で、1ドル=100セントになる。記号は「¢」。

紙幣は$100、$50、$20、$10、$5、$1の6種類。独特の手触りとにおいがある。USドルの高額紙幣は、広く世界中に偽札が出回っていると言われ、$100、あるいは$50の高額紙幣は、受け取りを嫌がられたり、受け取り時に入念にチェックされる。高額紙幣の受け取り時のチェックは、一般的に、誰に対しても行われている事なので、チェックされたからといって、気分を害することのないように。また、色、大きさが全ての紙幣が同じなので、間違いやすいので注意。

コインは25¢、10¢、5¢、1¢の4種類。それぞれのコインに別名が付けられており、25¢は「クォーター」、10¢は「ダイム」、5¢は「ニッケル」、1¢は「ペニー」とも呼ばれる。下の写真の通り、金額の大きさにコインの大きさが比例していないので注意すること。

USドル為替チャート



●USドルの紙幣

アメリカUSドルの紙幣

●USドルのコイン



アメリカUSドルのコイン


USドルの準備

USドルの現金やトラベラーズチェック(T/C)は、日本の銀行、両替商、旅行会社で用意をすることができる。「現金」、「トラベラーズチェック」を両替して持参する他、クレジットカードやキャッシュカード(日本の日本円の口座から、海外のATMでキャッシュカードで現地通貨で引き下ろしができるサービス)の利用も増えてきた。
クレジットカード、トラベラーズチェック、国際ATMカードなどの詳細は、「日本で旅の準備 」を参照のこと。

USドルへはどこで両替するのがベスト?

USドルはまず間違いなく、現地アメリカで両替するより、日本で両替した方が為替レートが良い。これは、USドルが日本でも多く流通していること、逆に日本円はほとんどアメリカ国内での需要がないためだ。アメリカ現地で日本円を両替された場合に、受け取った銀行・両替商は、その日本円の紙幣自体の多くを、日本へ郵送しなければならない。その分の郵送コスト、保険代などがかかるので、日本国内でのUSドルへの両替の方が、旅行者にとって有利な為替レートといえる。

以前は成田空港、関西空港など両替所は、市中の銀行と比較して為替レートが悪かったが、現在ではほとんどの銀行は、市中の支店と同じレートを採用している。わずかではあるが、銀行によって為替レートも違うので、空港内の両替所を何軒か比較した方が良い。また、最近は銀行でなく、TRAVELEXなど両替専門店、高速券・新幹線回数券などを扱っていた、チケットショップでも、US$の両替を扱うようになってきており、一般的に銀行よりもよりよいレートを提示しているようだ。

前述のように、$100、$50という高額紙幣は、小額の買い物の際には嫌がれることもあるので、$20以下の小額紙幣を両替時に混ぜてもらった方が良い。またアメリカではチップの習慣があり、$1を多くチップとして利用するので、$1札も混ぜてもらった方が安心だ。

もし$1や$5など小額紙幣を用意できなかった場合は、ホテルのフロントでも、$100や$50札を小額紙幣に換えてもらうことも可能だ。ホテルのフロントであれば、1日の最大で変えてくれる限度額が決まっているはずだが、手数料なしで小額紙幣に換えてくれるはずだ。

前述の通り、日本で日本円からUSドルへ両替した方が有利ではあるが、勿論アメリカに到着後に両替をすることはできる。空港の両替所や、市内の銀行、両替商などで、日本円からUSドルへの両替も可能だ。この場合、空港の両替所は一般的に、市内の銀行・両替商よりレートは悪くなるので、できるだけ、空港での両替は少なめにするようにしよう。ホテルのフロントでも両替は可能だが、これらの両替商より、確実に為替レートが悪いはずなので、急ぎでない限り、ホテル外の両替商で両替を行った方がお得。

下記にある日の日本、アメリカ現地(ラスベガス)の銀行、両替商の為替レートの比較表を作成したので、両替をする際のどこで両替をするかを決める時の参考にすると良いだろう。

使い残したUSドルは、これらの両替商、空港などの両替所などで、日本円への再両替も可能だ。ただし、その時の為替レートは、日本円→USドルより悪くなるはずなので、USドルへの両替は必要最低限にとどめておいた方が良い。

会社名
種別
場所
手数料
現金
(A$1あたりのレート)
追記
日本
三菱東京UFJ銀行
銀行
成田空港
なし
100.47円
なし
みずほ銀行
銀行
成田空港
なし
100.67円
なし
TRAVELEX
両替商
成田空港
なし
100.63円
なし
大黒屋
チケット販売
新橋支店
なし
100.42円
なし
ラスベガス
両替店A
両替商
ホノルル空港
なし
110.26円
なし
両替店B
両替商
ワイキキ
なし
101.93円
なし
ハワイ銀行
銀行
ワイキキ
なし
102.65円
なし
DFS両替所
免税店
ワイキキ
なし
102.25円
なし
シェラトン・ワイキキ
ホテル
ワイキキ
なし
113.26円
なし
パラダイス
両替商
ワイキキ
なし
99.85円
なし
■調査日:2008年10月23日

通貨・両替の口コミ情報
投稿者:月の女神
口コミタイトル:カードのキャッシングで
旅行時期:11/2012
日本に帰ってすぐに、全額返済もしくは、ATMでお札だけ返済すると、本当にわずかな利子しかかからず、両替商のレートよりも断然お得ですよ。

地球の歩き方にもあったし。

マンハッタン、シティバンクのATMも使いました。
日本のカードなので、通信に少し時間がかかって、カードが使えないかと思いました。

心配しないで、呆れるほどかかるのは、日本の方が技術が上と思って、待つこと。、

投稿日:2013年3月20日