アメリカ・電話

スペース
旅行情報.jp
バナー広告
旅行情報.jp > アメリカ・基本情報 > アメリカ・電話
ご利用のご案内
アメリカから日本、日本からアメリカへの国際電話の仕方、アメリカの国内電話、アメリカでの携帯電話の利用に関して、旅行情報.jpで徹底解説。

アメリカから日本への電話

 

1.ダイヤル直通通話

アメリカから日本へ電話をかける場合は、下記の通り。ホテルの客室からかける場合は、外線番号9を押して、外線に繋がってから、下記のようにダイヤルをする。通常ホテルの部屋から電話する場合、料金が高いので注意。日本の国番号は「81」。

アメリカから日本への電話


2.日本語オペレーター(KDDIジャパンダイレクト)

日本のKDDIの日本語オペレーターを通してつないでもらい、クレジットカードで通話料金を支払う方法。KDDIにつなげる1-800から始まる番号は、フリーダイヤルなので、公衆電話からかける場合は、コイン不要でつながる。ホテルの部屋からかける場合は、9などの外線番号を押して、外線につながってからアクセス番号を押す。ホテルの部屋からかけた場合、フリーダイヤルであっても、通常市内通話料金がかかる。

日本語オペレーター(KDDIジャパンダイレクト)

クレジットカード


3.直通のクレジットカードコール(KDDIスーパージャパンダイレクト)

KDDIのスーパージャパンダイレクトを通して、ガイダンスにそってカード番号、相手先電話番号をプッシュフォンで押して、つなげてもらう、クレジットカード利用の通話。クレジットカードのほか、日本でプリペイドカードを購入して、それで支払うことも可能。クレジットカードの場合、ジャパンダイレクトと同じクレジットカードが利用できるが、暗証番号が必要になるので、日本出発前に要確認。

4.現地でコーリングカードを購入

コンビニなどで、プリペイド方式のコーリングカードを購入し、それを利用してホテルの客室から、あるいは公衆電話から国際電話をかけることができる。カードの裏面にアクセス番号があるので、そこに電話し、カード裏面のスクラッチを削ると、暗証番号が出てくるので、その暗証番号を入力、その後相手先電話番号を入力してつなげる。ガイダンスが日本語でながれるものもあるが、通常は英語のガイダンス。アクセス番号がフリーダイヤルのものもあれば、市内通話料金がかかるものもある。

アメリカコーリングカード

現地でコーリングカードから電話をする方法

日本からアメリカへ電話

日本からアメリカへの国際電話は、直通ダイヤルで簡単に電話をすることができる。最初の入れる国際電話識別コードは、利用する国際電話会社(KDDIなど)によって変わり、料金を比べて選択すればよい。既に「マイライン」とし、国際電話会社を選択・登録済みの場合は、最初の国際電話識別コードを省略し、010から始めてよい。

アメリカ(米国)の国番号は「1」。

日本からアメリカへの電話のかけ方

アメリカ市内・国内通話

アメリカ(米国)では、市外局番のことを「エリアコード(AREA CODE)」と呼ぶ。

ハワイなどのように、人口の少ない州では、同じ州内同じエリアコードとなっている。その他の人口の多い州では、州内でいくつかのエリアコードに別れ、地域によってエリアコードは変わる。また、ニューヨークなどの人口の多い市は、同じニューヨーク市であっても、マンハッタン地区は「212」、クイーンズ地区は「718」と番号が異なる。

また、アメリカ(米国)の電話番号の特徴としてあげられるのが、携帯電話専用のエリアコードがないこと。日本では、エリアコードにあたる市外局番が、携帯電話専用の「080」「090」などが割り当てられているが、アメリカの場合、その携帯電話専用のエリアコードがなく、その携帯電話契約者の居住地域の固定電話と同じエリアコードが割り当てられる。つまり、電話番号を見るだけでは、その番号が固定電話か、あるいは携帯電話かは判然としない。

同じエリアコードの番号へ電話する場合は、そのエリアコードを省いて7桁の番号へ、違うエリアコードへかける場合は、最初に1を足して、その後3桁のエリアコード、そして7桁の電話番号を押す。この違うエリアコードへかける場合の「1をエリアコードの前に足す」を、旅行者の場合、忘れるケースが多いので、注意が必要だ。

アメリカの市内・国内通話

アメリカで携帯電話

 

1.日本の携帯電話をアメリカで使う

日本の携帯電話を海外でそのまま利用することを、国際ローミングと呼ぶ。ドコモ、AU、ソフトバンクとも、それぞれサービスの名称は異なるが、アメリカの携帯電話通信会社と提携して、この国際ローミングのサービスを提供している。


ただし、このサービスを利用するには、日本出発前に、利用している携帯電話会社に利用申込みをし、必要であれば設定の変更を行う必要がある。また、携帯電話の機種によっては、この国際ローミングを利用できない機種もあるので、あわせてチェックをする必要がある。


メリットとしては、日本の電話番号がそのまま使える反面、海外にいると知らない人は普通に電話をかけてきてしまったり、日本から転送料金がかかるので、着信にも国際転送料金がかかる、アメリカ国内に電話をする場合も、国際電話料金がかかるといったデメリットがある。


携帯電話を海外で沢山利用しようと考えている人、中・長期滞在者には、通話利用料金が高額になるのでむかないが、短期の旅行者で、あくまで緊急利用程度と考える人には、有効で便利なサービスだ。

更に詳しい情報:海外で携帯電話をご覧ください。

ドコモ:ワールドウィング http://www.nttdocomo.co.jp/service/world/roaming/
AU:グローバルパスポート http://www.au.kddi.com/service/kokusai
ソフトバンク:世界対応ケータイ http://mb.softbank.jp/mb/international/



2.現地用のレンタル携帯電話を借りる

アメリカ本土では、ハワイなどのように、現地にて短期旅行者用のレンタル携帯電話業者がない。そのため、現地用(現地アメリカの電話番号)の携帯電話は、日本出発前に、日本の海外用携帯電話レンタル業者から借りていくことになる。

海外用のレンタル携帯電話を扱う会社は、成田空港や関西空港などの主要空港にカウンターを持ち、そこで携帯電話を借りる会社、あるいは空港にはカウンターが無いが、宅配便で携帯電話を届けてくれる会社などがある。

テレコム・スクエア: http://www.telecomsquare.co.jp/
モベル : http://www.mobell.co.jp/
グローバル・セルラー: http://www.globalcellular.jp/
JAL ABC: http://www.jalabc.com/


電話の口コミ情報
まだ口コミ情報は存在しません。是非口コミ情報を投函してください!!