ラスベガス・空港

スペース
旅行情報.jp
バナー広告
旅行情報.jp > アメリカ > ラスベガス > ラスベガス・空港
ご利用のご案内

ラスベガス・空港

ラスベガスの玄関口、ラスベガス空港を徹底ガイドいたします。ラスベガス空港からラスベガス市内への行き方も徹底解説!もうこれでラスベガス空港から迷いません!

ラスベガス空港

ラスベガス空港は、正式名称「マッカラン国際空港(MACCARRAN INTERNATIONAL AIRPORT)」だが、一般的には単にラスベガス空港、あるいはラスベガス国際空港と呼ぶ。空港コードは「LAS」。
ラスベガス空港は、一般的な旅行者の宿泊するエリア、「ストリップ」より約3マイル(5キロ)、時間にしても15分程度と大変近い。渋滞することもなく、楽に空港からホテル、あるいはホテルから空港への移動が可能だ。
ラスベガス空港は、カジノの街の玄関口らしく、ターミナルビル内には、約1000台以上のスロットマシーンに溢れており、ミニカジノの様相を呈する。ターミナルビルは1と2に別れており、ターミナル1は主に国内線の発着、ターミナル2は国際線の発着と一部の国内線の発着に利用されている。日本からの直行便は、現在ラスベガスに乗り入れしていないので、通常国内線としてラスベガスに到着するが、アメリカン航空、ユナイテッド航空、ノースウエスト航空などメジャーな航空会社は、ターミナル1を使用している。
ラスベガス空港から、一般的にラスベガスを訪れる旅行者が宿泊するストリップ・エリアまでは、タクシー、又はシャトルバスを利用する。料金は若干これらより高くなってしまうが、ラスベガスを始めて訪問する人や、英語に自信がない人は、日系旅行会社の運行する日本語送迎を利用する方法もある。
なお、ラスベガス空港のターミナル内は、無料のWiFi接続が可能となっており、ラップトップPCを持参であれば、接続してインターネットを利用することも可能だ。


ラスベガス空港からストリップへラスベガス空港からストリップへ
ラスベガス空港・ターミナル見取り図ラスベガス空港・ターミナル見取り図
ラスベガス空港口コミ情報ラスベガス空港口コミ情報
アメリカの出入国手続きアメリカの出入国手続き

空港内のスロットマシーン
空港内のスロットマシーン
名称(日本語)
ラスベガス国際空港(マッカラン国際空港)
名称(英語)
LAS VEGAS INTERNATIONAL AIRPORT (MACCARRAN INTERNATIONAL AIRPORT)
WEBサイト
電話番号
702-261-5211


ラスベガス空港からストリップへ

ラスベガス空港からラスベガスストリップまでは、タクシー、民間のバス会社が運行する乗り合いのエアポートシャトル、日系の旅行会社が運行する空港送迎サービスがある。
タクシー
料金:1台あたり約$15(プラス空港利用料$1.80と15%程度のチップ) 所要時間:約15分
シャトルバス

料金:1人$6.50(ストリップの場合、エリアによって異なる)  所要時間:約15分(他の乗客の待ち時間除く)

日系旅行会社
料金:1人$55(2名以上で申し込み) 所要時間:約15分


●タクシー

一番簡単確実なのが、このタクシー利用。ラスベガスは空港から宿泊エリアのストリップまでが近く、タクシー料金も安いので、もっとも一般的な空港からホテルまでの移動交通機関と言える。
ターミナルビル内に「TAXIS」という表示があり、その方向へターミナルビルを出たところにタクシー乗り場があり、簡単にタクシー乗り場まで間違いなくたどり着ける。タクシー乗り場には、整理の係員がおり、比較的素早く乗客、及びタクシーを捌いていく。
タクシー料金はメーター制になるが、空港から乗車する場合は、空港利用料$1.80がかかり、別途メーター料金に追加して支払う必要がある。逆にホテルより空港へ行く場合は、この空港利用料金はかからない。メーター料金に、チップを料金の15%程度を追加して渡すのも忘れずに。
アメリカのタクシーというと、「イエローキャブ」を思い浮かべるかもしれないが、これはニューヨーク市の公認タクシーのことで、ラスベガスをはじめ、ロサンゼルスサンフランシスコなど、その他のアメリカの都市では黄色以外のタクシーも沢山いる。空港のタクシー乗り場から乗れば、間違いなく、正規のタクシーに乗ることが出来る。タクシーが黄色でないからと気にする必要はない。逆にタクシー乗り場以外のところで、声をかけてくる人がいた場合は、正規のタクシーでない、白タクである可能性が高いので、絶対に乗らないこと。
ラスベガス空港からストリップまでは、若干ストリップの手前側か先の方かで料金は変わってくるが、約$15、時間にしてば15分程度。支払いは、クレジットカードを利用できるタクシーと出来ないタクシーがあるので、カード利用の場合は、乗る前に確認すること。できるば、USドルの現金を用意しておいて現金で支払った方が安心だ。

詳しいタクシーの乗車方法は、「ラスベガス市内の交通」を参照のこと。
ラスベガス空港からタクシー
タクシー

ラスベガス空港からタクシー
ラスベガス空港の乗り場


●シャトルバス

ラスベガス空港とストリップ、あるいはラスベガスのダウンタウン等を、いくつかの会社がシャトルバスサービスを運行している。荷物受け取り場を出て、ターミナルビルを外に出たところに、RITZ TRANSPORTATION、BELL TRANSなどのチケットブースがあるので、そこでチケットを購入し、指示されたバスに乗車してホテルへ向かう。全部で5社ほどが運行しているが、どこも料金的に大差はない。
ただし、「乗り合い」なので、他の乗客を待ってある程度の人数が集まるまで待機になったり、あるいは目的地のエリアに到着してから順番に落としていくので、それが例えば3番目にあたったりすると、思わぬ時間をとってしまうこともある。スケジュールはハッキリとは決まっていなく、「人数が集まったら」出発となる。
料金はチケットブースにて支払うが、荷物1つに1ドル程度のチップを、降車して荷物をドライバーより受け取った際に渡すのが一般的だ。
ラスベガス空港から出発する場合は予約不要だが、ホテルから空港へ向かう際には、予約が必要だ。電話で各社に予約するか、ホテルのコンシェルジュデスクでも手配してくれるはずだ。また、空港出発時に往復でチケットを購入すると、若干割引がある会社もある。ただし、帰路のホテル出発の予約を、後ほど電話でバス会社へ入れなくてはならない。
2名であれば、タクシー利用とたいして料金差が無いので、タクシーの方がお勧めだが、1名でなおかつ旅費を節約したい人であれば、このシャトルバスの利用も価値がある。
>> リッツ・トランスポーテーションのWEBサイト
>> ベル・トランスのWEBサイト

ラスベガス空港シャトルバス
チケットブース

ラスベガス空港シャトルバス
シャトルバス


●日系旅行会社

料金的にはタクシー、シャトルバス等には負けるが、アメリカ旅行やラスベガスが初めてという方には、安心して利用できるのが、この日系の旅行会社が運行する空港送迎サービスだ。日本語のドライバー、あるいはガイドも兼ねるドライバーガイドがハンドルを握っているので、言葉の心配がなく、国内線であれば荷物受け取り場、国際線であれば入国審査・税関を出たところに名前が書かれたボードを持って待っていてくれるので、空港で迷うこともない。
日系旅行会社の空港送迎サービスには、他の乗客を一緒に運ぶ「乗合サービス」と、自分達だけの「専用車(チャーター)」の2種類。人数が少ない場合は、前者の乗合サービスの方が安いが、人数が6人などある程度多くなると、専用車による送迎の方が、全体的には安くなる。
乗合サービスの場合、通常2名以上からの申し込み受付だが、他の乗客の予約が同じ到着・出発便で既に入っている場合は、1名でも予約を受け付けてくれる。
この日系旅行会社の空港送迎サービスの大きなメリットは、ホテルへ向かう途中、車中にてドライバー(あるいはドライバーガイド)に注意事項、街の情報などを聞けるので、初めて訪れる街であれば、その利用価値は高い。ホテルに到着してから、チェックインの手伝いも含まれる送迎もあるので、自信がない人は是非利用を検討してみる価値大だ。
>> トラベルドンキー・ラスベガス空港送迎

ラスベガス空港の日本語送迎
日本語送迎サービス


ラスベガス空港マップ

 
ラスベガス空港マップ

ラスベガスの空港の口コミ情報
投稿者:やられた。
口コミタイトル:カードのほうが、証拠が残る。
旅行時期:03/2014
ホテルから乗って、チップ込みで29ドル払ったら、さらにチップを5ドル出せというので、チップのつもりで3ドルほど先に払っていたので、3ドル追加して、その説明をしたら、すぐにメーター表示を消して、さらに2ドルを要求されました。現金で払うと証拠が残らないので、カードのほうが安全かもしれません。
投稿日:2014年4月2日
投稿者:スロット
口コミタイトル:
旅行時期:12/2012
現在第三ターミナルがありましたよ
第二ターミナルは無いと思います
国際線は第三に 
投稿日:2013年10月31日
投稿者:なや
口コミタイトル:ぼったくりというか
旅行時期:05/2013
私も30$かかりましたフリーウェイに乗って遠回りされました
投稿日:2013年5月23日
投稿者:HH
口コミタイトル:taxi
旅行時期:12/2012
タクシー代は30ドルかかりました
投稿日:2012年12月15日