トニー&ティナのウエディング(Tony N' Tina's Wedding)に出席してきました。

スペース
旅行情報.jp
バナー広告
旅行情報.jp > アメリカ > お勧め!ラスベガス情報 > トニー&ティナのウエディング(tony n' tina's wedding)に出席してきました。
ご利用のご案内

トニー&ティナのウエディング(Tony N' Tina's Wedding)に出席してきました。

ラスベガス旅のガイド
荒野のサボテンの写真 荒野のサボテン
世界中の大金持ちが集う砂漠のリゾートの魅力に見せられ通算4年ラスベガスで暮らしています。趣味はショッピング、ダイニング、ゴルフにギャンブル。新しいスポットも大好きなアウトゴーイングな人間です。


皆さんはご友人や親戚の結婚式や披露宴に参加されたことがありますか?日本での披露宴は上司のスピーチを厳粛に聞き入り、友人の歌を囃し立てたりしますよね。ではアメリカの披露宴はどんな感じでしょうか?

幸運にも「トニー&ティナのウエディング」のショーチケット(招待状)を3枚もらった私は義母と義弟のフィアンセを誘い出席する事にしました。

「トニー&ティナのウエディング」は米国内で最も長く続いているコメディーショーです。日本でも約10年前に3週間、公演されました。

会場に到着するとまずは記念撮影。(これは後に1枚$15、2枚$20で販売される。)その後、テーブルに案内されます。直ぐに食事が食べられると期待していた私のテーブルの上には水とナッツのみ。。空腹に耐えられず、ナッツに手を伸ばしたら、意外と美味しくて、スッカリ綺麗に食べつくしてしまいました。その間にも新郎席側に座った私たちのテーブルの周りを新郎のお父さんとストリッパー(勿論役者さん)が忙しそうに回りご挨拶。反対側では新婦のお母さんがヒステリック(勿論演技)に騒いでいます。

そんなこんなしている内に結婚式がスタート。ちょっとお行儀の悪いブライドメイドとベストマン。実際の式でもこんなもんだろうな、と思いました。そしてそのまま披露宴へ突入します。

生バンドと生歌が始まると新郎新婦などの役者さんたちがお客さんを連れてステージに上がり(ステージと言ってもテーブルの中心にあるのみで段差は無い)踊り始めました。社交ダンスなど全く知らない私も新郎に呼ばれてステージへ。踊っている間、新郎には『僕のスピーチどうだった?』などと話しかけられ、笑わせてくれました。気づけば自主的にステージに上がっていった人たちでイッパイになっていました。YMCAやチキンダンスなど、知らなくても簡単に覚えられる振り付けの曲では是非ステージに上がりましょう!恥ずかしがっていたら、損ですよ!

一通り踊った後はいよいよディナー!!イタリアン・バフェと聞いていたのでとても楽しみにしていました。内容は思ったより少なくサラダ2種類、パスタ、チキンパルメジャン、ラザニアでした。しかしこれまた思っていたよりは美味しかったです。

このショー(結婚式)には毎回セレブリティ・ゲストが出てきます。今回のゲストはKATO KEALIN。(あのO.J. シンプソンの裁判に証人として立ったことで有名になった人です。)バンクーバーのショーではあのハル・ベリーがセレブリティ・ゲストとして登場しています。

最初から最後までショーを見に行ったと言うよりも友人の披露宴に出席した、としか思えない不思議な気分になるショーでした。

言葉が分からなくても楽しめるディナーショーです。あなたも出席してみませんか?

私たちは4番テーブルでした
Nsyncのバイバイバイを踊ります
生歌生バンド
お土産にもらったキーホルダー
ウエディングケーキも出てくる

トニー&ティナのウエディング(Tony N' Tina's Wedding)に出席してきました。の口コミ情報
まだ口コミ情報は存在しません。是非口コミ情報を投函してください!!